城南コベッツ飯山満教室

Tel:047-409-0933

  • 〒274-0822 千葉県船橋市飯山満町1-836-5 1F
  • 東葉高速鉄道「飯山満」駅徒歩15分

受付時間:14:00~20:00/日祝休

  • atama+個別指導
  • プログラミング
  • スタディ・フリープラン
  • デキタス個別指導
  • オンライン個別指導
  • 1対2個別指導

2022.04.16

ロゴA.jpg
   ICT教育を推進中の城南コベッツ飯山満教室

飯山満駅からは徒歩15分ぐらいで、学習塾としては駅至近ではないのですが、場所は比較的わかりやすいです。

ご近隣の方でしたら誰もが知っている「吹上交差点」からの経路をご案内します。


IMG_3402.JPG






















↑ こちらは吹上交差点です。



IMG_3403.JPG

別方向から吹上交差点

吹上交差点を超有名な「船橋整形外科」方向に進みます。

IMG_3405.JPG
↑ 船橋整形外科

IMG_3406.JPG
↑ さらに進むと船橋整形外科の駐車場入り口があります。



IMG_3407.JPG
↑ 少し進むと 「HILL TOP GARDEN 」と書かれた建物があります。


IMG_3411.JPG
↑ HILL TOP GARDEN の 105号が 城南コベッツ飯山満教室です。



IMG_3412.JPG



2022年4月5日 開校。

2022.04.16

~保護者の皆様へ~

こんなご経験はありませんか?

学校や塾で教わっていて、報告を受けると「理解している」「よくできている」ということだったのに、
いざ大切な定期テストを受けてみると
「想定以上に悪い・・・」


このことは、保護者様だけではなく、多くの子供たちにとっても悩みとなります。

いったい何が原因なのか?

せっかく勉強したのに、いざテストになると解けない!!

この現象を放置してしまうのは、非常にもったいないです。なぜなら、少なくともお子さんたちは、「やらなければ」「やろう」という気持ちがあるからこそ机に向かうのです。その時間の多寡は確かにあるかもしれませんが、

お子さんの気持ちが少しでも前向きになったならば、応援したいですし、見守りたいですよね。

テストになると解けない!

この理由は、一言でいうと、練習不足、トレーニング不足です。

例えば、

野球の練習で、球の受け方とかバットの振り方を監督やコーチから言葉で教わるだけであれば、できるようにはなりませんし、自分自身が実際に球を投げて、捕球し、なおかつバットを振る練習をして、実際に球を打ってみないことには何も始まりません。

さらには、そういう練習を今日、明日と続けていなければ、上達も難しいです。

これは学習についても同じことが言えます。

先生にただ教わるだけでは本当の意味での実力など身につきません。もっと大切なのは、
教わって、例題を解いてみて、基本問題を解いて、標準的な問題を解くというその後の反復学習がどうしても必要になります。



私たち城南コベッツ飯山満教室では、『eトレ』を導入しています。

短時間
効率よく
プリント学習を解き進めることができるシステムです。eトレの「トレ」とは、トレーニングの略です。


【eトレの特徴】

1枚が10分程度で解ける内容になっている

スモールステップ式のプリント学習のため、無理なく実力養成ができる

問題データベースは100万題以上あり、常に新しくアップデートされる

小学生から高校生まで利用でき、学校の補習から難易度高い入試にも対応


【eトレの使い方は簡単】

eトレは、飯山満教室の通称Bパソコンで生徒さんも使うことができます。

自分が学習したい単元をクリックして印刷ボタンを押すだけ!の超簡単操作ですので、すぐに使い方を覚えることができるでしょう。


ラーニング要点のまとめをわかりやすく解説したプリントです。予習にも使えます。

ステップ、リトライ単元を小さなステップに分けた練習用のプリントです。

チェック・リチェック単元のまとめテスト。ここで合格したら次に進みます。

チャレンジ・チャレンジR単元の応用問題、よりハイレベルな問題に挑戦できます。



充実の問題データで、効率よくトレーニング学習を積み上げてみましょう。これは自習でもできることです。

学年・科目を自由に選べる100万題超の問題&解説プリントは、定期テストにも向きます。実際、学校の教科書に準拠した内容も数多くありますので、自分がどのプリントを選べば効果的なのかが一目瞭然です!!


お問い合わせはこちらから

047-409-0933へ直接お電話いただいても大丈夫です。

飯山満教室の見学もぜひいらしてください。
eトレ学習も体験できます!!


2022.04.15

こんばんは!
城南コベッツ飯山満教室 教室長の白木です。

今日は『スタディ・フリープラン』についてのご紹介です。



一言でいえば、定期テスト対策も受験も安心の定額プランで5教科をしっかりと学べます!というプランです。
ここでの肝は、

よくある「時間割」を撤廃して、生徒一人一人の生活リズムとか、学習スケジュールに柔軟に対応していくことが出来るようになりました。

例えば、通常の時間割は、18時20分からの授業だけれど・・・どうしても到着が18時30分になってしまう・・・・

たまたま電話や道路事情なので遅刻してしまった!
本当は塾に行く気満々だったけれど、家の用事があって、今日は自宅で勉強かな・・・

そんな場合でも

『スタディ・フリープラン』ならば、まったく気にする必要がありません。


★★いつでも

★★どこでも

★★好きなだけ

★★ご利用いただけます!


こちらは教室にも大きく掲示してあります。


定額・通い放題のプランで、オンラインでの指導も可能なのです。つまり自宅でもできるということですね。

学習塾を確保するためのあらゆる無駄を省いて、十分な学習時間を確保することで、飛躍的な成績アップを実現します!!


実は、

フリータイム制にすると、学習時間は必然的にアップしますし、学習時間がアップすれば、成績も向上するのです。


今までは

「来れる時間」「来れない時間」を色々なスケジュールとの兼ね合いで難しかった学習計画が楽につくることが出来ます。


また、生徒さん一人一人の特性に合わせて、

デイリー
ウィークリー
マンスリー

の個別指導を行い、学習計画の立案から進捗管理まで、細かく指導することが出来ます。


成績アップのためには、「質の高い学習」「十分な時間」「計画性」「自発性」が必要です。

この『スタディ・フリープラン』を採用することで、これらの4つの必要条件がすべて満たされます。

城南コベッツの『スタディ・フリープラン』はで、時間割とか、受講する場所(学ぶ場所)とか、受講料の自由度を極限まで高めていきましょう。


こんな話を聞いたことはありませんか?


「自習率が高くなると成績が上がる」


これ、本当のことなのです。


スタディ・フリープランは、生徒さんの自発的学習を誘発しやすく、やらされている学習からの脱却となり、確実に成績向上に繋がります。


では、何をどんな風にしてスタディ・フリープランを組み立てているのか!?

この点は是非、

城南コベッツ飯山満教室にダイレクトにお問合せください!!

お問い合わせはこちら
または、
直接お電話ください。

047-409-0933

2022.04.12

こんばんは!城南コベッツ飯山満教室 教室長の白木です。今日は、プログラミング教室のご案内です。
私たちは、「飯山満」に教室を開校するときに、ラインナップの中に
QUREOプラグラミング教室」を入れることを最初から決めていました。

これにはいくつかの理由があります。



qureoschool_logo_1.png

【飯山満教室にQUREOプラグラミング教室を導入した理由】


  • 日本におけるIT人材の不足は深刻化し、経済産業省の発表によると2030年には79万人も不足するという予測がある
  • 2025年の大学入学共通テストからは、情報Ⅰが科目ではなく、教科として加わる。(つまり国立大学受験の生徒は、情報Ⅰは必須となる)
  • 学習指導要領の変更の中で、小学生からのプログラミングが必修となっており、実用的な学習が必要となる
  • 単にパソコンが使えるだけではなく、ソフトウェアの分野での技術者を企業も欲するようになる
  • 今は第四次産業革命の最中にあり、ブロックチェーンやIoTという新技術においては日本は後発国となってしまっている
  • フェイスブックが社名を「メタ」と変えたり、マイクロソフトが8兆円でゲーム会社を買収するなど、ITはソフトウェア、アプリ、仮想空間技術においては、世界が大きく蠢き始めている
  • 経済白書の中では「いちに数学、二に数学、三に数学」という文言が実しやかに謳われるなど、数学や理系科目、技術関連での育成が急務であることがわかる(数理資本主義の到来)


これらを背景に、最も拡大スピードが早い教材として、QUREOを選択しました。

QUREOの公式サイトはこちら



学習塾、教育業界を取り巻く環境はここ数年で大きく変化しています。これは、やはり日本における政府や文部科学省が主導となって、いかに日本の教育水準をあげていくかという使命感から、様々な改革が断行されていることが原動力となっています。


教育は、今いる人たちに教えていくことに加えて、次世代を担う子どもたちにも受け継いでいくことも大きな目的だと言えます。


今では、誰もが持っているスマートフォンは、スティーブジョブズという偉大な経営者がつくりあげました。
電話線でつながれいた電話からコードがなくなり、無線基地を介して世界中の人と会話できるようになるなど、昔の人はそうたやすく想像できたわけではありません。

しかし、理想とか夢を現実化するために、動き、知恵を絞り、失敗を繰り返しながら、世の中を変えていったのです。


恐らく世界は、遠くない将来、また大きなムーブメントが起こることでしょう。
その前段階として、WEB3.0があり、仮想通貨があり、モノとインターネットの接続があり、メタバースの世界が構築されているのだと思います。

まるで映画の中の世界が具現化していくのも確実で、ただのつくりものの映像の世界が現実味を帯びるとき、人々は次なる未来に向けてさらに進化していきます。

今から、10年後、30年後、50年後、100年後の世界はどうなっているのでしょうか。

ひとつ言えることは、

世の中は利便性を永遠に求めますので、インターネットがなくなることや、モバイル端末がなくなることは、あまり考えられません。
世の中を大きく変えたこれらのサービスやモノがさらに進化を遂げていくことになります。

やはりキーワードは、

パソコン、モバイル端末、回線スピード、そういったものが土台となって、いろいろな創造物ができてくるのでしょう。

そのまた、さらに土台となるのは、ハードウェアとソフトウェアです。

プログラミングはソフトウェアの分野になります。

パソコンに積まれたマザーボードの能力がいかに高性能であったとしても、いかにとんでもないスピードを誇るマシンであったとしても

中を走るプログラムがなければ、それはただの箱です。

QUREOは、箱の内部を走るプログラムを学ぶ教材です。

城南コベッツ飯山満教室のサブコンセプトの一つ

それがプログラミングです。

今までは、学校の5教科の学習+αの存在が、プログラミングでした。しかし、今度は教科となったわけで、大学入試においても6教科という言われ方をするのです。

とどのつまり、プログラミングは+αではなく、教科の一つとなったのです。

よって、地域の小学生たちに、楽しく学んで頂くための仕組みとしてQUREOを取り入れたのです。

今はまだ、「プログラミング検定」の地位は、英検や漢検に比べて低いかもしれません。

しかし、いずれ早晩、プログラミング検定(略称:プロ検)は、英検や数検、漢検などと比肩するものに成長を遂げることでしょう。

最初のプログラミング検定は、QUREOの第10講ぐらいまで進めていただければ取得できるぐらいの内容です。

あとは、全体で400以上の講座があり、小学生といえども大学受験に匹敵するような内容を学べますので、楽しみながら、ゲームをつくりながら、いつのまにかとんでもなく有効なスキルを身につけることが出来ます。

学校の勉強は、ちょっといやいやだけれども・・・・
プログラミングについては、いやいやではなく楽しく進めて頂けるご様子を保護者様も目の当たりにされることでしょう。


独学でプログラミングを学ぶツワモノもいるかもしれません。

でも本屋さんに行って、プログラムの本のコーナーに行き、手に取ってごらんになってみてください。極めて初期は「うん、なんとなく・・わかるかな」というものであっても、半ばから後半にかけては、大人でも内容的に即座に理解できるシロモノではないことに気付きます。

学習の一環として考えれば、何かを身につけるための道筋が一朝一夕に出来上がるものであれば、わざわざ教室を立ち上げる理由はないのです。

基礎の基礎から、小学生の柔らかな頭で、楽しみながらやるからこそ、自然と身についてくるものと捉えてみてください。

そして、意義あることであると断言できるもう一つの要素があります。

それは、プログラミングを教えられる人って、周りにそうそういないです。学校の先生しかり、親御さんしかり、親戚の方しかり、友達、先輩、などズラッと見回しても、そんなにザラにいるものではありません。

教科学習として、英語は教えられる、数学なら・・・社会だったら・・という保護者様は私も今までたくさんお見受けしました。
でもプログラミングをガッツリ教えられる人はそうはいないです。


だからこそ、友達に内緒でもプログラミングの技術を学んでいければ、ものすごい自信に繋がります。

さらには、このスキルは、ずっと使えるもので、日本の企業の多くがそのスキルを大歓迎します。
私立大学の文系においても(例えば早稲田)数学の試験を課す時代になっています。

IT系の学部が人気を博し、企業はおろか、官僚でさえも「理系」を望む動きです。

そうしなければならない根底には、


日本は技術立国であるという現実があるということです。