MENU
お問い合わせはお気軽に!11:00〜20:00(日祝休)
0120-737-080
総合案内
デキタス
ホームページ
映像授業
ログイン
お問い合わせはお気軽に!11:00〜20:00(日祝休)
0120-737-080
総合
案内

馬込沢駅前教室

Tel:047-401-0030

  • 〒273-0047 千葉県船橋市藤原7-3-1 東信馬込沢ビル3F
  • 東武アーバンパークライン(東武野田線)馬込沢駅 徒歩1分

受付時間:14:00~20:00/日祝休

  • 1対2個別指導
  • atama+個別指導
  • ジュニア個別指導
  • デキタス
  • 1対1個別指導
  • オンライン個別指導

2021.04.27

城南コベッツ馬込沢駅前教室です。

当教室ではゴールデンウィーク期間中、下記の期間にて教室をお休みとさせていただいております。

ゴールデンウィーク休業期間

2021年5月1日(土)~2021年5月5日(水)

期間中に頂きましたお問合せ内容につきましては、5月6日(木)より順次ご対応させていただきます。

尚、2021年4月29日(祝・木)は平常営業日となっております。

ゴールデンウィーク期間が明けましたら本格的に定期テスト対策勉強へと切り替えて参ります。

無料体験授業は随時受け付けておりますので、
定期テストの点数でお悩みの方は是非一度教室までお越しください。

2021.04.24

城南コベッツ馬込沢駅前教室です。

当教室では当教室は202151()202155()を休館日とさせていただいております。

皆様にはご不便をおかけしますが、何卒ご理解くださいますようお願い致します。

上記期間中に頂いたお問合せに関しては、5/6()より順次ご対応させていただきます。

中学生の皆さんは、ゴールデンウィーク期間が明けましたら、

全科目、本格的に定期テスト勉強に取り組んでもらいます。

特に、今年度は中学教科書が大きく改訂されたことにより、定期テストの難化も予想されております。

何よりも英語に関してはより一層の準備が必要となります。

当教室では法田中、旭中、御滝中といった船橋市の中学生が多く在籍しておりますが、

皆さんが今年度から使う英語の教科書では、文法事項だけでもこれまでと大きな変化が見られます。

以下は次回前期中間テストの予想試験範囲となります。

中学1年生では、

be動詞と一般動詞がはじめから混在している状態での学習となりますので、適切な使分けが必要とされます。

さらに、助動詞canも試験範囲となりますが、これまでは中学1年生の後半に扱っていたものが早くも登場します。

また、重要表現という形で、call A Bといった、以前ならば中3単元であったものも含まれています。

中学2年生では、

二重目的語(SVOO)がさっそく登場しますが、やはり前年度ならば2年生後半の単元となります。

さらにSVOCといった第5文型も前年度は中3単元であったものも同時に出題されます。

中学3年生では、

これまで通り受動態や現在完了が中心の試験範囲となりますが、

新たに現在完了進行形が追加されています。

こちらはこれまでは高校生の単元です。

年間を通して見ても、

600語ほどが小学校の復習扱いとなってしまっており、

さらに各学年でそれぞれ新規英単語として130語程度ずつ追加されていますので、

これまで以上に単語力の強化が求められます。

文法はわかっているんだけど、単語が読めない、書けないでは定期テストの点数も悲惨なことになってしまいます。

城南コベッツ馬込沢駅前教室では、

こうしたことを考慮して、例年よりも早めに定期テスト対策を行っていくことにしております。

すでに教科書単元の単語テストは毎回行っておりますが、

ゴールデンウィーク明けには全授業を教科書準拠教材に切り替えて、万全なテスト対策を行ってまいります。

無料の体験授業も随時受け付けておりますので、

定期テストの点数で伸び悩んでいる方は是非一度、教室までお越しください。

2021.04.03

城南コベッツ馬込沢駅前教室です。

4/5()より、新年度通常授業が始まります。

当教室の生徒さんたちには春期講習期間、多くの時間を復習単元の学習に費やしてもらいましたので、4月はどんどん先取り学習をしてもらおうと思っています。

特に英語と数学に関してはこれまでの学習事項がわかった上で、次の単元も理解できるようになっています。

勉強に苦手意識をもっているみなさんも、焦らず前の単元に戻って復習してみるようにしましょう。

例えば、新中学3年生のみなさんは、

これから学校で乗法公式、因数分解といったものを学習します。

この公式を覚えること自体はそれほど難しいことではありませんが、

計算を進めて行く上ではこれまでの文字式のルールがしっかり身についていなければなりません。

復習というと中々自ら手を付けづらいものではありますが、

何も中1、中2の全ての単元を一気に復習しなければならないわけではありません。

乗法公式(3)のためには、単項式・多項式の計算(2)⇒正負の計算、文字と式(1)

というように、関連する単元を復習していくようにしましょう。

とは言っても、自分がどこを勉強すべきなのかは中々わかりづらいと思います。

城南コベッツ馬込沢駅前教室では、

生徒さんひとりひとりの学習状況に応じて、みなさんそれぞれの専用カリキュラムを作成します。

自宅学習で行き詰っている方、中々成績が伸びずに悩んでいる方は、

是非一度、無料の体験授業を受けてみてください。

これまでの学習状況をうかがい、授業では苦手としている部分を判断しますので

今後どのように学習を進めていけば良いかのご提案をさせていただきます。

体験授業、学習相談、ご希望の方は教室(047-401-0030)までご連絡ください。