城南コベッツ博多駅南教室

Tel:092-476-0301

  • 〒812-0016 福岡県福岡市博多区博多駅南1-5-24 サンシティ博多2ビル 1F
  • JR線 博多駅 徒歩7分

受付時間:15:00~20:00/日祝休

  • atama+個別指導
  • オンライン個別指導
  • 1対2個別指導
  • デキタス個別指導
  • 推薦対策映像講座
  • 大学受験映像授業
  • スタディ・フリープラン

2022.04.20

旧課程の情報は「社会と情報」と「情報の科学」に分かれており、約8割の高校でプログラミングを扱わない「社会と情報」を履修していましたが、新課程では全員がプログラミングを履修することになります。扱うプログラミング言語は教科書によって異なります。

大学入学共通テストにおいても6教科目として「情報」が新設されます。国立大学全86校は、2025年1月の大学入学共通テストにおいて「情報」を必修とすることを公表し、6教科8科目での受験になることが決まっています。

2025年1月の大学入学共通テストでは従来のペーパーテストであるPBT形式での受験となりますが、先々ではコンピューターを使ったCBT形式での受験が想定されています。

国立大学が6教科8科目を課すことで「情報Ⅰ」は必須受験となるため、国立大学を志望する人にとって重要な科目になると思われます。おそらく1年時に履修すると思いますが、受験が近づいてから復習するという時間はなかなか取れないでしょうから、学習している段階でいかに得点源にできるレベルまで引き上げていくかがカギになりそうです。

2022.04.20

本日は公民の変更点に関してです。

最大の変更は、現代社会を発展解消させ、公共が設置されたことです。成人年齢の18歳引き下げに伴い、政治参加、社会的な見方・考え方を高校において養う必要性が高まりました。答えが一つに定まらない現代の社会問題などについてアクティブラーニング形式で意見を交わして学ぶことを想定しています。

新課程の「公共」、「倫理」、「政治・経済」がそれぞれ2単位科目ということもあり、大学入学共通テストでは「公共+倫理」、「公共+政治・経済」、「地理総合、歴史総合、公共から2つを選択」という形での受験となります。

2022.04.19

本日は地理歴史に関する変更点です。

災害対策などの昨今の情勢や成人年齢の引き下げなどから社会科全体で大きな変更点があります。

まずは、地理総合・歴史総合が必修化されました。

地理総合の必修化と歴史総合にみる日本史・世界史の総合化は、国際的な視点で過去(歴史)を学び、その結果、現在の世界(地理)がどのような姿になっているのかを学ぶという地理歴史学習の理想形になっており、国際的な視点で学ぶという点が共通したテーマになっています。

また、地理総合は旧課程の地理Aをベースとしており、日本を含めた世界の生活や文化、国際社会を重視して学ぶところに特徴があります。新課程で地理が必修化された理由にもなっていますが、自然災害(地震、火山活動やそれらに伴う津波などの二次災害など0においてハザードマップなど地理的な知識や技術(GISなど)が注目され、防災学的観点での学びのニーズの高まりもあり、地図の利用、持続可能な地域づくりなどが特徴的な内容となっています。

歴史総合では、日本史と世界史の近現代史を学ぶイメージです。近現代史に限定したことで、地理や政経の内容と絡めて学ぶことができるため、視野を広げるという意味では非常にいいことだと思いますが、学習負担は確実に増えます。受験科目では、歴史総合+日本史探求または世界史探求となるので、これまでの「日本史」は日本史に加え世界史の近現代分野が含まれた内容になり、「世界史」も世界史に加え日本史の近現代分野が含まれた内容になります。

高校では、高1で~総合を学び、高2以降で選択した~探求を学ぶことになるケースが多いと思いますが、歴史を選択した場合は未選択の近現代史も受験科目になる可能性があるため、継続的な学習が必要になってくるでしょう。地歴公民の選択科目を選ぶ際は注意が必要ですね。

2022.04.16

昨日は数学の変更点に関して書きましたが、本日は理科の変更点です。

基本的に、理科の変更点は少ないです。

学びの内容としては他の教科と同じく「実用的な学び」を重視し、「実験などを通じた探求型学習」にシフトしていきます。

なお、科目のラインナップは変わらないですが、共通テストの時間割が変更になります。

現過程では理科①、理科②と時間帯が分けられているのに対し、新課程では同一時間帯の中で実施されるとみられます。なお、受験パターンは現過程と変わらずです。

理科に関しては、日々の学習から、「なぜそうなるのか?」「なぜそのような実験を行うのか?」といった視点を持って学習を進めてみてください。

2022.04.15

数学Cが復活しますが、内容は以前の数学Cの内容と異なり、「ベクトル」(数学Bから移行)と「平面上の曲線と複素数平面」(数学Ⅲから移行)、「数学的な表現の工夫」を学びます。

なお、数学Bでは「数列」と「統計的な推測」、「数学と社会生活」を学びます。

共通テストにおける数学の選択が、①は従来通り「数Ⅰ」または「数ⅠA」となりますが、②は選択肢がなくなり「数ⅡBC」となります。共通テストの数ⅡBCのBCの範囲ではBとCで学ぶ項目のうち、「数列」・「統計的な推測」・「ベクトル」・「平面上の曲線と複素数平面」の4項目から3項目を選択することになるので文系数学でも数Cを選択せざるを得なくなると予想されます。

大学入試改革により、これまで以上の人が学校の成績が加味される入試方式を受験することになると思うので、特に文系志望の人は学校の数学の評定値をあげるために負担が増えることが予想されます。

苦手意識がある人は、早めに対策することをお勧めします。