MENU
お問い合わせはお気軽に!11:00〜20:00(日祝休)
0120-737-080
総合案内
デキタス
ホームページ
映像授業
ログイン
お問い合わせはお気軽に!11:00〜20:00(日祝休)
0120-737-080
総合
案内

海老名教室

Tel:0120-98-9592

  • 〒243-0432 神奈川県海老名市中央3-5-5 三幸中央ビル3F
  • 小田急小田原線/海老名駅 徒歩5分

受付時間:15:30~20:00/日祝休

  • スタディ・フリープラン
  • atama+個別指導
  • デキタス個別指導
  • 城南予備校オンライン
  • 推薦対策コース
  • プログラミング
  • オンライン個別指導
  • 1対2個別指導
  • ジュニア個別指導

2021.01.28

こんにちは。
城南コベッツ海老名教室です。

先日は「記憶」について書きましたので、
本日は「忘却」について書こうと思います。

コンピューターは一度インプットした情報を半永久的に記憶することができます。
しかし、人間は忘れてしまう。
「忘却」は、したがって、生命と機械の境界であるとも考えられます。

忘れるというのは人間に備わった身体的能力であると言われます。
もしこの能力がなければ、私たちは無限に降り注ぐ情報の中で溺れてしまいます。
使わなくなった情報、いらなくなった情報は早々と失われます。
一方で、日々思い出している事柄は強固な記憶として定着します。

何かを記憶しておきたいのであれば、
あまり時間を空けずに思い出してあげなくてはいけません。

テスト前に長時間勉強して、
テストが終わったらしばらく何もしない。
こうした勉強法は記憶と忘却の観点からすれば、
大変効率が悪いと言えます。




2021.01.27

こんにちは。
城南コベッツ海老名教室です。

分子生物学者の福岡伸一教授によると、
記憶とは回路のようなものなのだそうです。
リモコンのスイッチを押すとテレビがつくように、
ある刺激がある作用を生み出す過程と考えればよいのでしょう。

リモコンのスイッチを押す ⇒ テレビがつく
ある英単語を見る ⇒ 正しい単語の意味が分かる

もちろん人間の脳はリモコンのように、
あらかじめセッティングされているわけではありません。
ですので、試行錯誤を繰り返し行うことが必要となります。
分からない!間違った!正しかった!の反復練習が記憶を作るという訳です。






2021.01.26

こんにちは。
城南コベッツ海老名教室です。

週末の雨は、山では雪だったようで、
大山が冠雪し、とてもきれいでした。

1月も残り一週間となり、
いよいよ本番の2月ですね。
暖かくしてお過ごしください。

2021.01.22

こんにちは。
城南コベッツ海老名教室です。

入塾の決め手は何でしたか?
という質問をしてみると学年ごとに典型的な答えが異なります。

小学生~中1生・・・両親のすすめ
中2生~中3生・・・友達がいたから
高1生~高2生・・・試験でよい点が取れそうだから
高3生~既卒性・・・合格に近づけると思ったから
※あくまで城南コベッツ海老名教室での結果です

面白いのは中2生~中3生の答えです。
私も同じ年の頃には、仲間づくりが関心の上位にありました。
よくよく考えてみると、仲間を作ることは誰にとっても大切なことだと思えます。
一人では生きていけないし、孤独はつらい。
だから、みんなと一緒でいたい。
家族から少しずつ自立し、独自の人間関係を形成していく時期には、
そうした思いがことさら強くなるのかもしれません。

できれば、よりよく勉強できる環境が欲しいから、
という理由で塾を選んでは欲しいのですが、
まだその判断には至らないというのが、この年頃の実情のようです。










2021.01.21

こんにちは。
城南コベッツ海老名教室です。

最近、魚の西京焼きをよく作って食べています。
休日に魚屋さんで、目ぼしい切り身を購入し、
その日のうちにジップロックにみそダレと一緒に漬け込みます。
そうすると、週中の忙しい夜に焼くだけで食べれて便利です。
そして美味しい。

西京漬けのみそダレは、砂糖とみりんと白味噌で作ります。
繰り返し作っていると、自然にそれらの比率を覚えます。
覚える前は、毎回料理サイトのお世話になっています。
料理をしながらスマホをいじくるのは実に面倒です。
でも、覚えてしまえばこっちのものです。

これって勉強と同じだな、と思います。
料理サイトに教えてもらって、実際に作ってみる。
先生に教えてもらって、実際に解いてみる。
繰り返しているうちに、手早く出来るようになる。

そんなことを思いつた日曜日のキッチンでした。