MENU
お問い合わせはお気軽に!11:00〜20:00(日祝休)
0120-737-080
総合案内
デキタス
ホームページ
映像授業
ログイン
お問い合わせはお気軽に!11:00〜20:00(日祝休)
0120-737-080
総合
案内

上溝教室

Tel:0120-47-2788

  • 〒252-0243 神奈川県相模原市中央区上溝7-17-19 オオヤビル1階
  • JR相模線/上溝駅 徒歩2分

受付時間:16:00~21:30/日祝休

  • 1対1個別指導
  • 1対2個別指導
  • atama+個別指導
  • オンライン個別指導
  • 城南予備校オンライン
  • 推薦対策コース
  • 大学受験映像授業
  • ジュニア個別指導

上溝教室のメッセージ

大学受験勉強の進め方(数学編)

2021.05.13

理系の大学受験生のほぼ全員が受験する科目が数学ですので、本日は大学受験に向けた数学の勉強法について書きたいと思います。

まず、数学の学習にとって大切なのは、学習範囲を決めることです。理工学系の学部の場合、多くは数Ⅲまでが学習範囲になりますが、農学系、生物科学系、情報系の一部の学部では数ⅡBまでで入試できる大学もありますし、看護系や栄養系の学部でも数ⅡBや数ⅠAまでで入試が可能な学部もあります。但し、複数の大学を併願して受験する場合は一番範囲の広い所で対応する必要があります。

志望校は学習範囲に関わりますので、高2の秋までには志望校と学習範囲を固めておく必要があります。その上で、入試範囲の基本的な公式や定理は高2のうちに復習をしておきましょう。

数学の勉強で特徴的なのはパターン学習です。一部の数学の天才を除いて、新規の問題を出された時に、自分で解法を編み出して解けるということはあまりないでしょう。数学の学習と言うのは大学入試で出される問題のパターンを習得して、それを問題に応用できる力を身に付けることなのです。

また、数学の学習に当たっては自分自身のレベルに合った内容から学習を開始することも大切です。これは他の科目にも言えますが、自分のレベルに合っていない問題を解いても、学習効果が低くなります。

取り組む問題集が決まったら、時間を決めて問題に取り組み、時間内に解けなかった問題は解説で解法の流れを確認します。(ここで、そもそも解説を読んでも理解ができないようであれば、その問題集は自分のレベルに合っていないということになります。)また、間違えてしまったり、解けなかった問題はチェックを付けておきます。

一通り問題を解き進めていったら、解けなかった問題に戻り、再度時間を決めて自力で解けるか取り組みます。ここで、自力で解けなければ、まだ解法が身に付いていないということなので、再度チェックを付けて解説を確認しておきます。このようにして、全問を自力で解けるまで繰り返していくことで、数学のパターンが身に付いていきます。

そして、問題集を完成させたら、次のレベルの問題集にステップアップし、目標とする志望校レベルの問題集まで引き上げていきます。こうして、高3の夏休み中に数学の基礎固めが終えられると、秋以降は過去問対策を行うことができます。


過去問対策については英語編でも触れましたが、数学の場合はパターンが身に付くまで繰り返し間違えた問題に取り組んでいくことがとても大切になります。

以上のように、大学受験における数学の学習計画を立てる際には、問題集を何周するかということも踏まえて考えてください。