MENU
お問い合わせはお気軽に!11:00〜20:00(日祝休)
0120-737-080
総合案内
デキタス
ホームページ
映像授業
ログイン
お問い合わせはお気軽に!11:00〜20:00(日祝休)
0120-737-080
総合
案内

上溝教室

Tel:0120-47-2788

  • 〒252-0243 神奈川県相模原市中央区上溝7-17-19 オオヤビル1階
  • JR相模線/上溝駅 徒歩2分

受付時間:16:00~21:30/日祝休

  • 1対1個別指導
  • 1対2個別指導
  • atama+個別指導
  • オンライン個別指導
  • 城南予備校オンライン
  • 推薦対策コース
  • 大学受験映像授業
  • ジュニア個別指導

上溝教室のメッセージ

AIの中身

2021.05.27

近年ではAIという言葉をよく聞きますよね。AIとはArtificial Intelligence(人工知能)の略でコンピューター性能の向上と普及によって目覚ましく進歩が進んでいる分野です。ただ、AIって聞くとなんだかよく分からないものと感じる人もいると思いますので、今日はAIの中身について書きたいと思います。

※AIの中身と言っても、コンピューターの中に小さい人がいるとか、ネットワークの向こうに人間のバイトさんがいるとか、そういう都市伝説ではありません(笑)

AIというのは統計学に基く処理を行うプログラムです。以前の記事でベイズ統計に関わる内容を書きましたが、AIというのはこのベイズ統計を応用して実現されています。

ベイズでは元々あった状態に新たな情報が付加されることで、ものごとが発生するであろう予測の確率を更新していきます。

ベイズは身近なものだと、皆さんが普段よく使うgoogle検索にも利用されています。google検索では検索されたキーワードに対して、どの検索結果がクリックされたか、クリックされた先のページにどれくらい滞在したかなどといったデータを収集し、そうしたデータを元に検索結果のページが検索者が探しているページである確率を更新し、表示順位を変えていきます。

ちなみにgoogleよりも前にインターネット検索を提供していたYahoo!は、当初は人手でホームページの情報を収集して表示順位を決めていました。しかし、ネット上のページ数とネット利用者が指数的に増加していく中で、googleが現われるとその検索精度の高さによってあっという間にシェアを奪われてしまいました。この例からも分かるように、膨大な量のデータを元に精度の高い判断を行えることがAIの一つの特徴です。

データ社会化が進む中でAIの分野は今後も発展していくと考えられていますが、その一方で日本では統計学を深く理解し、プログラムに実装できるプログラマーが不足していることが問題となっています。実際、AIに関わる機械学習言語のプログラマーは売り手市場であり、優れたプログラマーには年齢に関係なく、高額の報酬が支払われています。

将来、AIに携わりたいというひとは今のうちに数学(特に集合、確率、微分・積分や対数)をしっかり勉強しておきましょう!