MENU
お問い合わせはお気軽に!11:00〜20:00(日祝休)
0120-737-080
総合案内
デキタス
ホームページ
映像授業
ログイン
お問い合わせはお気軽に!11:00〜20:00(日祝休)
0120-737-080
総合
案内

上溝教室

Tel:0120-47-2788

  • 〒252-0243 神奈川県相模原市中央区上溝7-17-19 オオヤビル1階
  • JR相模線/上溝駅 徒歩2分

受付時間:16:00~21:30/日祝休

  • 1対1個別指導
  • 1対2個別指導
  • atama+個別指導
  • オンライン個別指導
  • 城南予備校オンライン
  • 推薦対策コース
  • 大学受験映像授業
  • ジュニア個別指導

上溝教室のメッセージ

英検対策勉強法(Speakingパート編)

2021.06.05

英検対策勉強法の最後はSpeakingパート(二次面接)について書きたいと思います。(本内容は英検2級・準2級を対象としています)

英検の二次試験は面接官と1対1で行われる面接試験になります。面接と言ってもパーソナルなことを聞いたり、人柄を判断するようなものではなく、問題カードに沿って行われ、受験者のスピーキング力を測定する試験です。

2次試験の実施形態は英検が提供している英検バーチャル2次試験のHPで実施方法や内容が確認できますので、2次試験対策を始める前に確認しておきましょう。

試験内容は以下の通りです。
①文章を読み試験官の質問に答える
②イラストを見てその内容を説明する
③課題に対して自分の意見を述べる

①については、黙読と音読の時間が与えられますが、読みながら意味を理解する必要があるため、Readingパートの勉強法で触れた「英語を英語の語順で理解できる」ことが必要になります。普段から音読の練習をしっかりしておきましょう。また、①で聞かれる内容や回答の作り方はある程度決まっています。文章の中の言葉を用い、英文を自分で構成する必要はそれほどないので、練習問題を使ってしっかり練習をしておきましょう。

②については、問題の指示に従って、イラストの内容を英語で説明することが求められます。
③については、Writingパートのショートバージョンです。面接官の質問に対して、賛成か反対か自分の立場を決めて、その理由を伝える必要があります。

②、③は①と比較すると自分で英文を構成しなくてはいけない要素が多く、語彙力や文法力が求められます。ただ、2次試験に進めるのは1次試験で合格点を取っている人だけですので、必要な語彙力・文法力は既に身についていることでしょう。

スピーキングはライティングと同様に英文を自分で構成する力が要求されますが、ライティングとの大きな違いはスピードです。面接官との会話の中で回答をしていく2次試験では一定時間何も話さないと次の問題に進まれてしまいます。

スピードを持って回答ができるようになるためには、「瞬間口頭英作文」という練習方法がおすすめです。「瞬間口頭英作文」のやり方は、

①日本語の内容を見る
②3秒以内にその内容を英語で話し始める。そして、途中で止まらずに必ず最後まで言い切るようにする。
③英語で話した内容の文法、語彙を英語が話せる人に見てもらう(話した内容を書き留めてもらったり、録音しておくとやりやすい)

ここでポイントは②の「3秒以内に話し始める」、「途中で止まらない」ということです。このルールを守るようにしないと、瞬間口頭英作文の効果は半減してしまいます。

最後に、話す内容を考える時間を作るためのテクニックとして、「間を繋ぐ表現」を覚えて使えるようになっておきましょう。英語で間を繋ぐ表現は、"Well, let me see."、"Well, how can I say this?"などがあります。こうした言葉を挟むことで、数秒の時間を確保できますので、その間に話す内容をまとめるようにしましょう。