MENU
お問い合わせはお気軽に!11:00〜20:00(日祝休)
0120-737-080
総合案内
デキタス
ホームページ
映像授業
ログイン
お問い合わせはお気軽に!11:00〜20:00(日祝休)
0120-737-080
総合
案内

上溝教室

Tel:0120-47-2788

  • 〒252-0243 神奈川県相模原市中央区上溝7-17-19 オオヤビル1階
  • JR相模線/上溝駅 徒歩2分

受付時間:16:00~21:30/日祝休

  • 1対1個別指導
  • 1対2個別指導
  • atama+個別指導
  • オンライン個別指導
  • 城南予備校オンライン
  • 推薦対策コース
  • 大学受験映像授業
  • ジュニア個別指導

2021.04.23

突然ですが、みなさん「読解力」はありますか?

今年から大学入学センター試験が大学入学共通テストに変わり、最も変わったのが文章量が増えた点だと思います。これは、国語や英語と言った言語科目だけではなく、数学、理科、社会などにおいても見られた傾向です。

また、大学入学共通テストのこうした変化は高校入試の中でも現われており、ここ数年間で神奈川県では高校入試のすべての科目で文章量が大きく増えてきています。

こうした中で、改めて見直したい能力が「読解力」です。
では、「読解力」を高めるためにはどうしたら良いのでしょう?
その答えを見つけるためには。「読解力」の正体を知らなくてはいけません。

私は「読解力」というのは、複数の異なる知識や技術、それに経験が組み合わさった能力だと考えています。例えば、漢字や語彙の知識が無ければ、文章で出てきた言葉の意味が分からず、文章全体の理解が妨げられます。また、読んでいる文章に関して、馴染みのない話題や書き方がされていれば、中々頭に入ってこないということもあるでしょう。更に、読解力の高い人と言うのは、先の展開を予想しながら文章を読んだり、書かれたことに疑問を投げかけたりしながら、能動的に文章を読むことで理解を深めます。

これからの学習で、「読解力」はより重要になっていきます。自分の「読解力」を見つめ直し、自分の足りないものを補う学習をしていきましょう。

2021.04.23

皆さん、進学・進級おめでとうございます。
新高校1年生のみなさんは学校で新しい友達もでき、学校に慣れてきた頃でしょうか。

高校入試もようやく終わったばかりで、大学入試について聞きたくない人も多いと思いますが、「最近の大学入試は高校1年生から始まっています」というお話を書きます。

そう言う理由は2つあって、一つ目が一般入試による入学者の比率が下がり、推薦入試や総合選抜型入試の比率が上がっていること、もう一つが一般入試や推薦入試、総合選抜型入試でも英検などの外部検定による優遇措置や出願要件が設けられている大学が増えていることです。

推薦入試の場合、各高校の学内選抜で高校3年間の内申点の平均が判断材料の1つとして用いられます。総合選抜型入試の場合も、出願資格に一定の内申点が定められていたり、選考に内申点が用いられる学校が多くあります。
そうすると、高校2年生から頑張ろうと思った人は高校1年生から頑張っている人よりも明らかに不利になってしまいます。
ちなみに、推薦入試や総合選抜型入試での大学進学者の割合は進学者全体の半分に達しており、今後も増えていくことが予想されています。

また、大学入試改革の流れの中で入学者選抜での外部検定の利用大学が増えてきており、大学受験生の英語外部検定利用は50%を超えると言われ、受験者は年々増えてきています。「英検は持っていた方が有利」程度に考えている人は、皆さんが大学受験をする頃には「英検は持っていて当たり前。英検を持っていなければ大学受験で不利になる。」と考えを変えた方が良いでしょう。英検の勉強は学校の勉強に追加して行うことになりますので、英検合格に向けては計画的に学習していく必要があります。

せっかく高校受験が終わったのに...と思うかもしれませんが、受験期に大変な思いをしないようにするためにも、今のうちからしっかりと大学入試戦略を考えていきましょう。

2021.04.22

最近読んだ教育に関する論文で、面白い内容がありました。
日本には「三人寄れば文殊の知恵」という言葉がありますが、英語でも「Two heads are better than one.」と言い、多くの人が集まる方が良い知恵が出ると考えられています。

しかし、その論文では、ある課題にペアで取り組んだ場合よりも、一人で取り組んだ方が良い成果が得られることが示されたということでした。
こうした結果となった原因として、複数人で課題に取り組む場合にアイデアを言葉に出す必要が生じ、注意が言語化に割かれ、思考に割かれる注意が奪われてしまうことが考えられるということです。

この論文で行われた実験が全ての状況に当てはまるものではなく、どのような状況の場合に一人で取り組んだ方がよいか、グループで取り組んだ方が良いかをさらに調査していくことが必要です。

ただ、一般的に信じられていることが「本当に正しいのか」疑問を持ち、「問いを立てる」ことの大切さを感じましたので、ここで紹介しました。

今年から、中学校でも新学習指導要領が導入され、探究学習への取り組みが増えていきます。

あなたならどんな「問い」を立てますか?

2021.03.09

本日、英検の2次試験の合格発表があり、相模田名高校の1年生のY君から英検2級合格の報告を貰いました。

高校入学後も勉強を怠らず、半年間、自習室に通い文法や英作文、リスニングの練習をしてきた努力が、高校1年生での2級合格と言う成果に結びつきましたね。

おめでとう!!

2021.03.02

昨日、神奈川県立高校の入試合格発表があり、合格の報告を貰うことができました。
中3生のみなさんは、毎日、学校が終わると自習室に来て頑張っていた姿を見ていたので、みんなの喜びの笑顔を見れて本当によかったです。
改めて、合格おめでとう!

本年度の上溝教室からの合格校は以下の通りです。

神奈川県立高校
麻溝台高校、上溝高校、相模田名高校、橋本高校

私立高校
麻布大学付属淵野辺高校(特進)、光明学園相模原高校(文理)、光明学園相模原高校(総合)