城南コベッツ学芸大学駅前教室

Tel:0120-59-3937

  • 〒152-0004 東京都目黒区鷹番3-6-8 YS学大ビル2階
  • 東急東横線/学芸大学駅 西口 徒歩1分

受付時間:15:30~20:00/日祝休

  • スタディ・フリープラン
  • 1対2個別指導
  • atama+個別指導
  • 城南予備校オンライン
  • 推薦対策映像講座
  • オンライン個別指導
  • プログラミング
  • ジュニア個別指導
  • 1対1個別指導

学芸大学駅前教室のメッセージ

【大学受験】出願戦略の基本は大体こう

2022.11.14

こんにちは。

そろそろ大学受験の出願校を決定する時期になりました。
まずは基本的な考えとして、私立大学の出願の考え方は大体こう!
ということを簡潔に書きます。

※(注)ここに書くことが全てではないので、細かいことは進路担当の先生や塾のチューターに相談してください。

1.2-3-2を基本に
A~B判定(合格しそうな大学)を2校
C判定(合格の可能性が五分五分程度の大学)を3校
D~E判定(合格の可能性が低い大学)を2校

これくらいのバランスで出願すると良いです。

2.結局どれくらいみんな受験するの?
大体、6~8校が一般的になります。
1月下旬~2月中旬(約2週間)に受験日程が集中します。
その間に、2日に1校程度受験するとそれくらいになります。
気力体力の消耗を考慮して、受験の間隔は1~2日は空けるのが賢明です。

3.第一志望がE判定...それがどうした!
結論は、受験すべきです。
第一志望がA判定で余裕!なんて人はほぼいません。
高い壁を越えた未来を創造し、不断の努力を続けるまでです。

4.最後に...
受験生は11~12月が一番伸びる時期です。
その根拠は、長年塾をやっていても論理的に説明出来ないのですが、
兎にも角にも、ここで失速せずに前向きでいられる人が成功しています。

11月中に模試があって、もしもあまり出来が良くなくてもまだ諦めてはいけません。
決して目標を諦めず、不断の努力を続けてみてください。

いつか、詰まっていた何かが取れて、覚醒します。
その時を信じて...がんばれ受験生!