城南コベッツ赤羽南教室

Tel:03-6903-8030

  • 〒115-0044 東京都北区赤羽南1-3-7 セキネビル3F
  • JR線「赤羽駅」南改札口より徒歩3分

受付時間: 15:30~20:00(火~金)/14:30~19:30(土)/休み(日月祝)

  • atama+個別指導
  • 1対2個別指導
  • 1対1個別指導

赤羽南教室のメッセージ

何も言わないことが どんな言葉より 伝わる

2022.07.13

小学2年生のこうやくん(仮名)のお話です。




こうやくんは、小学校で友達と取っ組み合いになり、いつも学校の先生に叱られていました。

友達にイヤなことを言われても、言い返す言葉が思い浮かばず、むしゃくしゃした気持ちから手が出てしまうのです。



こうやくんは、友達を殴るのは良くないことだ と自覚をしていたけれど、カっとなると自分を止めることはできませんでした。





ある日、こうやくんがまた友達に手を上げてしまいました。

こうやくんはとても怒っていたため、たくさん友達をぶってしまい、ケガをさせてしまいました。



友達は学校を早退して、迎えに来た保護者の人と病院へ行きました。

こうやくんが家に帰ると、お母さんが玄関に立っていました。


「謝りに行くよ。」


こうやくんはランドセルを玄関に置き、お母さんと、今日殴ってしまった友達の家に行きました。




友達の家に着くと、お母さんは 友達のお母さんに頭を下げて たくさん謝りました。

いつも こうやくんを叱り飛ばすお母さんとは 大違いです。


「...本当にすみませんでした。ごめんなさい。」


何度も何度も謝りました。

その姿を見て、こうやくんは何も言うことができませんでした。





友達の家からの帰り道、こうやくんは お母さんにどんなに叱られるかと緊張していました。

しばらく歩いても お母さんが何も言わないので、こうやくんは おそるおそるお母さんの方を見ました。

お母さんは、ただ少し先の地面を見て歩いていました。




こうやくんは、言い表しようのない、悔しさや 申し訳なさで 胸がいっぱいになりました。





>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

以上は、むかし読んだ、とある企業の社長の自叙伝の一部です。



いつもこうやくんを叱る怖いお母さんが、自分のしたことで、人に頭を下げている。

いつもならこっぴどく叱られるのに、なぜかまったく怒る素振りのないお母さん。


いっそきつく叱られたほうがラクなのに。

なぜ何も言わないのか...。




何も言わないお母さんに、このようにこうやくんが感じたのは、なぜでしょうか。

子どもは子どもなりに、繊細で複雑な感情を感じます。



お母さんはいつものように、こうやくんを怒ることもできました。

しかし、そうはしませんでした。





この出来事は、いくつ歳をとっても忘れられないと、自叙伝にはありました。

語らないことが、何よりも子どもにとって "考えさせる経験" になることもあるんだと教わりました。




"あえて何も言わないこと"


これが最善の教育になることもあるんだと、ブログを読んで頂いた皆様と共有できたら幸いです。