城南コベッツ赤羽南教室

Tel:03-6903-8030

  • 〒115-0044 東京都北区赤羽南1-3-7 セキネビル3F
  • JR線「赤羽駅」南改札口より徒歩3分

受付時間: 15:30~20:00(火~金)/14:30~19:30(土)/休み(日月祝)

  • atama+個別指導

赤羽南教室のメッセージ

"学校と社会は同一直線上にある"

2022.02.17

みなさんこんにちは!
赤羽南教室の東木(とうき)です。


ブログをご覧くださり、ありがとうございます。
赤羽南教室の魅力がお伝えできるよう、今後も鋭意製作してまいります。

(↑「鋭意」という言葉を覚えたてだったので、使いたくなりました(笑))




さて本日は、「勉強」や「偏差値」がどのように「社会」に通じているのか考えたいと思います。

少し堅いテーマかもしれませんが、是非最後までご覧いただけると嬉しいです。



まずは、こちらの画像をご覧ください。
(画像をクリックすると、大きく表示できます↓)
IMG_7827.JPG































この言葉を読んで、みなさんは何を感じるでしょうか。

社会人の方と、学生の方では、ずいぶん感じ方が違うのではないでしょうか。
また、社会人の方の中でも、年齢やご職業等によってかなり感じ方が異なると思います。



実は先日、配達にいらした方が教室の入り口に飾ってあるこの言葉を読んで、こんなことを言ってくださいました。
「これ、ほんとにその通りですよね。俺が高校生の時に、こういうことをきつく言ってくれる人がいたら、今違う人生歩んでいただろうな。」




一例として、私自身の話も取り上げます。


私が初めてこの言葉に出会ったのは、高校3年生の時です。

それまで「受験で結果を残さなきゃいけないから、勉強は頑張るべきなんだ。」と考えていたので、
この言葉を読んだ時は、「勉強でどんな人なのか、判断できちゃうんだ。」と思いました。

当時の私は少し漠然と、
「就職活動の面接などで、偏差値の高い大学を出た人には、努力を重ねてきた人特有のオーラみたいなのがあるのかもしれない。」と考えていました。



大学生となった今は、感じ方が変化しました。
「受験生の時に大学受験に対してどのように取り組んでいたかで、その人がどのように仕事に向き合うのかが違う。」という、「社会」と「勉強」の繋がりをはっきりと感じ始めたのです。

アルバイトながらに感じているこの感覚こそが、"学校と社会は同一直上にある"ということのではないでしょうか。



>生徒の時によく先生の話を聞いていた子は、バイトで指示をもらってもよく聞いてるから、ミスなく終える。
>生徒の時にノートや提出物が丁寧だった子は、バイトでコピーをとる時も曲がったり影が入ることはない。

>生徒の時に計算ミスや忘れ物が多かった子は、バイトでも物が出しっ放しになったり、仕事のやり忘れがある。
>生徒の時に授業開始のぎりぎりに来る子は、バイトも来る時間がぎりぎりになる。



挙げればキリがないですが、私自身が生徒だった頃によくした失敗やミスは、今でもします。
失敗を反省する時には、高校生の頃の自分を思い返して、「あの頃からこうだったな...」と思います。

まだ就職すら経験したことのない大学生でも、こう感じる経験があるということは、
配達員の方は、より一層いろんなことを感じて、"学校と社会は同一直線上にある"という言葉を受けて止めたのではないかと思います。





「偏差値」や「学歴」だけじゃないと最近はよく耳にしますが、
それはあくまで「その人が自分の気持ちをコントロールして、努力できる」ということを前提とした話なんだと思います。


もし今お読みになっている方の中に、「勉強ってなんで頑張らなきゃいけないんだろう」とお考えになっている方がいれば、それはこれが一つの答えだと思います。


赤羽南教室では、こうした大学受験よりもさらに先の未来を 生徒が生き抜けるよう、
『人間的成長なくして、学力の成長なし』というモットーの元、指導をしています。



一人でも多くの方にご賛同いただけるよう、今後も鋭意指導に努めます!(笑)


最後までお読みくださり、ありがとうございました。





IMG_7831.JPG


城南コベッツ赤羽南教室
~人間的成長なくして学力の成長なし~

東京都北区赤羽南1-3-7 セキネビル3F
(赤羽駅南改札より徒歩2分)
℡.:03-6903-8030  
Mail
covez_akabaneminami@johnan.co.jp
電話対応時間:㈫~㈮ 15:3020:00 / 14:3019:30