城南コベッツ赤羽南教室

Tel:03-6903-8030

  • 〒115-0044 東京都北区赤羽南1-3-7 セキネビル3F
  • JR線「赤羽駅」南改札口より徒歩3分

受付時間: 15:30~20:00(火~金)/14:30~19:30(土)/休み(日月祝)

  • atama+個別指導
  • 1対2個別指導
  • 1対1個別指導

2022.03.23

みなさんこんにちは!東木(とうき)です。

赤羽南教室は2021年10月に開校したのですが、
なんと早速、国立大学合格者が出ました!!!!!



・東京農工大学 農学部 生物生産学科 合格

・筑波大学 理工学群 応用理工学類 合格


おめでとうございます!!!大変よく頑張りました!!!!



そんな喜ばしいご報告の後に、今日はこの2人の生徒が赤羽南教室でどんな指導を受けたのかについてお話しします。



結論から申し上げますと、この2人は「数学の記述答案の書き方」を訓練しました。

つまりは、共通テストの後に受ける、国公立大学の2次試験の数学の対策をしたということです。

ただしポイントは「記述対策」というところにあります。



大学入試共通テストがマーク式である一方で、多くの大学の2次試験は、記述式での解答が求められます。

記述式の解答では、答えを導くまでの過程を、論理的に分かりやすく採点者にアピールする技術が必要です。


2次試験の採点者は、大学の教授です。

採点官である教授に「この生徒と一緒に学びたい、研究がしたいな」と思わせる人間性が記述の答案で感じさせられるかが、勝負の分かれ目となるのです。




では、魅力的な人間性を感じさせる解答とは、いったいどんな解答なんでしょうか?



肝心なのは「採点する人に対する思いやりがあるかどうか」です。


字の上手い下手ではありません。下手であっても、見る人のことを考えて書いていれば、それは伝わります。

採点者は何百人といる受験生の答案を採点しなければなりません。
言うまでもなく、その作業は大変なのです。

だからこそ、採点者を思いやる気持ちが感じられる答案には○(マル)や部分点がきやすいのです。



赤羽南教室には、数学の大学入試問題を作成しているプロの数学指導者がいます。

プロの目線で、生徒が書いた答案を修正し、2次試験で通用する記述力を磨く指導をしています。


学校ではこの「記述式解答の書き方」の指導は、あまり行っていないでしょう。



以下、私自身が高校生だったときの話をします。

数学の記述答案を見てもらいたいときは、学校の数学の先生に休み時間や放課後に個別で答案を見せに行き、証明問題等の採点をしてもらっていました。

センター試験以降に、当教室の指導者に教わるようになったのですが、初めて数学の記述答案の直しをされた時は、目からウロコが出ました(笑)


第一声に、

「答えの数値を書いたら、『ー(答)』って書くんだよ。そうすると、採点者はとりあえず正解、不正解が分かるから。」

と言われたんです。

「あ!たしかにそうだ」と思いました。



採点者を思いやる視点に立てば、すぐわかることですが、学校では誰もこんな指導をしてくれませんでした。

実際、今年受かった2人とも、初めて指導を受けたときは、当時の私と同じことを言われていました(笑)

やっぱり、どこの誰も「基本的な書き方」については教えてくれないのです。



しかし訓練を始めると、2人ともどんどん記述力が身につき、最後にはしっかり合格してきてくれました。

大変うれしい限りです。



赤羽南教室では、『他の塾でも学校でも教えられない、プロ目線での数学記述答案の書き方』を指導しています。

目からウロコがたくさん出るような指導を受けたい方は、是非赤羽南教室へお問い合わせください!(笑)


また次回のブログもお楽しみに!






IMG_5859.JPG城南コベッツ赤羽南教室
~人間的成長なくして学力の成長なし~

東京都北区赤羽南1-3-7 セキネビル3F
(赤羽駅南改札より徒歩2分)
℡.:03-6903-8030  
Mail: covez_akabaneminami@johnan.co.jp
※電話対応時間:㈫~㈮ 15:30~20:00 / ㈯ 14:30~19:30





2022.03.09

みなさんこんにちは!東木(とうき)です。

ようやく寒さが和らぎ始めましたね。
もう春も近いような気がします。

けれどこの時期、花粉症の方にはツラい季節かと思います。
私は花粉症はひどくはないですが、外を歩くと、やや鼻がムズムズします。
なので、ティッシュで鼻を拭き、今日も元気にブログを書くのです!(笑)


さて!(笑)
本日のメインテーマに話を移しましょう!

今回扱うテーマは「atama+」です。
(読み方は、『アタマプラス』

以前からCMは放映されていましたが、近ごろ目にする機会が増えたように思えます。
皆さんは、ご覧になったことはありますか?


Prtimes_2022-02-22-37602-67_1.jpg



←こういうシーンで始まるCMです。





https://www.youtube.com/watch?v=jqSO9MT_Img
(まだご覧になったことのない方は、こちらのリンクから是非見てみてください!)


テレビのCMやYouTubeを見た方が、「AI教材のatama+を知ったんですけど、体験できますか?」
とお問い合わせくださることが、近頃とても増えてきています。

atama+は限られた予備校や塾にしか提供されておらず、
その予備校や塾の中でも、導入している校舎や教室は限られています。

「城南コベッツ」の場合ですと、北区内で導入しているのは、赤羽南教室のみです。



新学期が始まる前に、これまでの勉強内容を復習しませんか?

  • いざ復習しようと思っても、やる量が膨大で、何からやっていいかわからない。
  • 全体的に苦手だから、全部やりたいけど、そんなのムリー...。
  • 新しい内容の先取りをしつつ、足りないところだけ、復習したい...!

こうした思いをお抱えの中高生の皆さん、多いと思います!

自分で学習しようという意欲のある方、
頑張りたい気持ちはあるのに、やり方が分からないという方には、atama+は向いています!




「以前atama+を体験したけど、あんまりしっくりこなかったな」という方、以下必見です。

atama+は日々、改善と改良がくわえられ続けています...!


私が初めてatama+に触れたのは、2年前の今くらいの時期でした。

その頃はリリースしたてだったので、学べる教科も限られており、目標の範囲選択も教科書に対応していませんでした。

その後atama+を使用していく中で、どんどんアップデートが重ねられて、
当時では思いつかなった『あったらいいな』という機能が今では数多く備わっています。

勉強する生徒さんのことを考えた、細やかなサポートがくわえられたatama+をもう一度体験してみませんか?




もしも現在、ご興味おありの方がいらっしゃいましたら、是非お問い合わせをお待ちしております。







IMG-5822.jpg


城南コベッツ赤羽南教室
~人間的成長なくして学力の成長なし~

東京都北区赤羽南1-3-7 セキネビル3F
(赤羽駅南改札より徒歩2分)
℡.:03-6903-8030  
Mail: covez_akabaneminami@johnan.co.jp
※電話対応時間:㈫~㈮ 15:30~20:00 / ㈯ 14:30~19:30





2022.03.02

みなさんこんにちは!東木(とうき)です!

本日は、赤羽南教室が新規開校するまでの経過を追う企画の第3弾をお届けします!


「経過を追う企画って何?」という方のために、初めに少しお話ししますね。



まず当教室、赤羽南教室は2021年10月に新規開校した、新しい教室です。

開校前は北赤羽に教室があり、そこから赤羽に移転してきました。

私は、北赤羽の時から勤務しており、教室の移転作業にも色々と関わったので、
『どんなふうに赤羽南教室ができたのか』というのを教室のブログでお伝えしたいな~と考え、今に至ります。




これまでの内装の経過を簡単に振り返ります。
  • 第1弾では、「教室に何もない状態の様子」をお見せしました。
  • 第2弾では、「教室を2つの部屋に仕切る壁ができた様子」をお伝えしました。

まだご覧になっていない方は、以下のリンクからご覧ください。

内装経過1.pnghttps://blog.covez.jp/tokyo_kitaakabaneekimae/message/entry_6087.html

←まだご覧になっていない方は、こちらもご覧ください。
 「赤羽南教室が完成するまで① 【空っぽの教室】」


qrcode_blog.covez.jp.pnghttps://blog.covez.jp/tokyo_kitaakabaneekimae/message/entry_7217.html

←まだご覧になっていない方は、こちらもご覧ください。
 「赤羽南教室が完成するまで② 【壁ができました~】」




さて、前回お部屋に壁ができましたが、今回はなんと、床が新しくなりました!

IMG-5439.jpg






壁の色と合わせるために、白を基調としたフローリングを用いました。











IMG-5440.jpg




第2弾の時には無かったドアも取り付けられました。


これで、奥の事務スペースで映像授業の収録をしたり、製本機を稼働させていても、声や音が気にならないですね◎








IMG-5441.jpg



ドアから奥の様子をのぞいてみました。

天井にプロジェクターも取り付けられています。


こちらから見て左側の壁に、黒板が取り付けられますが、
ここに教材のページを投影するために使用します。







IMG-5442.jpg




最後に、一番奥から事務所スペース全体を撮影しました。


何も置いていないと、やっぱり広いですね!(笑)











はい、第3弾は以上になります!


「赤羽南教室が完成するまで」の企画は不定期で、更新頻度も低いですが、必ず完成までブログに掲載します。
ですので、次回も忘れたころに更新しますね(笑)



本日のブログは以上になります。
最後までご覧くださり、ありがとうございました。






IMG_7830.JPG

城南コベッツ赤羽南教室
~人間的成長なくして学力の成長なし~

東京都北区赤羽南1-3-7 セキネビル3F
(赤羽駅南改札より徒歩2分)
℡.:03-6903-8030  
Mail: covez_akabaneminami@johnan.co.jp
※電話対応時間:㈫~㈮ 15:30~20:00 / ㈯ 14:30~19:30













2022.02.25

みなさんこんにちは!東木(とうき)です!

今週末からようやく15℃以上まで気温が上がるなど、春めいた日がやってくるので、
あと少し寒さをこらえて一緒に春まで突っ走りましょう~!

今日も元気にブログを書いていきます!(笑)




さて本日は、中高一貫校の新中学1年生にフォーカスをあてて、お話しします。

と言いますのも、実はここ最近、「4月から中高一貫の中学校に通います!」という方のお問い合わせが増えております。


「4月以降の学校の勉強についていけるか不安だから、塾を探しています」
「中学受験したんだから、周りの子たちはとてもよくできる子たちなのではないか」
とおっしゃる方が多いです。



実は、まったくおっしゃる通りです...!!!!!



3学期制の学校を例にとります。


4月から学校の授業が始まります。

  • 中学校の授業は、小学校の時よりも進みが早くなります。
  →同じ時間の中で、学ぶ内容が多いからです。

  • 先生は教科ごとに異なり、内容も小学校の時より難しくなってきます。
  →「数字や英語に親しむ」から「学問として勉強する」という姿勢に変化するからです。
  →教える先生にも、専門的な知識が必要なため、担当教科が分かれています。
  • 習ったことは「できる」という前提で授業が進みます。
  →以前学んだ内容の「派生」や「発展」のように、基礎から発展的な内容へと学問を深めていくからです。




変化するのは、授業だけではありません。



ですが、5月半ばにはもう第1回定期試験があります。


中学校になると、小学校までとテストの仕方が変わります。

試験期間という3日間ほどのテストだけをする期間があり、入学してから定期試験までに習った内容が出題範囲です。
よく復習していないと、初めに習ったことは忘れているため、前に解けた問題も解けなくなってしまいます。




なんだか恐怖感をあおってばかりで、怖くなってしまった人もいるかもしれません。

しかし、初回の定期試験がいかに重要かをお伝えしたくて、ここまで書かせていただきました。



なぜなら、初回の定期試験の結果は、その後の学校生活を送る上での立ち位置が決まる、重要な試験だからです。

第1回目の定期試験で、自分が学年全体のどの位置につけるか、
中高一貫校に通う生徒さんの場合、その順位が、その後の6年間のだいたいの順位になります。

だからこそ、まだ入学前の今、何をするかが大きなカギを握っていると言えるでしょう。



「中学校」という場所がどんな世界で、どう勉強を頑張ればいいのか、これはまだ入学していない生徒さんには分からないことです。

赤羽南教室では、「中学校の勉強でおさえるポイント」や「どのように勉強すれば、定期試験で点数が取れるのか」を生徒さんに教えます。

これが最初に分かっていれば、第2回、第3回と回を重ねても、やり方が分かっているので、上手くやっていけます。



「入学までの1か月、何かしなくていいのかな」
「中学校に入った後、ついていけるだろうか」
などの不安を抱えている方は、是非、赤羽南教室へお問い合わせください!








IMG_5859.JPG


城南コベッツ赤羽南教室
~人間的成長なくして学力の成長なし~

東京都北区赤羽南1-3-7 セキネビル3F
(赤羽駅南改札より徒歩2分)
℡.:03-6903-8030  
Mail
covez_akabaneminami@johnan.co.jp
電話対応時間:㈫~㈮ 15:3020:00 / 14:3019:30



2022.02.24

みなさんこんにちは!東木(とうき)です。


明日は2月25日、国公立大学入学試験日です!

ここまでひたむきに努力を重ねてきた大学受験生の集大成を発揮する日です。


これまで積み重ねてきた受験勉強の日々を思い返すと、それだけで胸が熱くなりますね。




赤羽南教室で勉強してきた高校3年生の生徒さんは、落ち着いた様子で教室を後にしました。

「準備は万全。あとは自分の勉強を信じて、答案をしっかり書ききってくるだけ。」
そんな言葉が聞こえてきそうな後ろ姿でした。





つい2年前、私も国公立大学を受験しました。

前日も当日も、あまり緊張しなかったという覚えがあります。

さすがに緊張を一瞬感じたのは、問題用紙が配られた後に、試験開始時刻まで待つ時間です。

あの時間、悪魔的じゃないですか...?(笑)

目の前に運命の扉が伏せてあって、周りにいる全員が「今か、今か、」と開始の号令を待つ‥

あの緊張感は、第三者目線だと「おお~盛り上がってきた」という感じがしますが、
当人の場合は、緊張を超えて、「なんだかすごい雰囲気だな」と逆に客観的になってしまうときがあります。

脱線してしまいました。

当日の私はどうだったかと言いますと、ちゃんと試験開始後のシュミレーションをしていました。

「はじめにどんな問題があるのかに目を通す」
「易しい問題から解き始める」
「いつも焦ると誘導に気づけないから、分からないときは一旦落ち着こう」
「超難問に感じても、持ってる知識で解けるから、問題文はよく読む」
「答えが出そうになると、いつも興奮して計算をミスするから、最後は特に慎重になろう」

そうやって、試験開始後の段取りを振り返ったり、自分の悪いくせが出ないように意識する時間に使いました。

これまで共通テストや、私立大学の受験、模試などで、自分が本番になるとしやすいミスやクセは、
受験生の皆さんそれぞれ把握していると思います。

後悔のないよう、やりきってきてください。






今日は明日の持ち物と、試験場への行き方を確認したら、あまりあれこれ考えず、すぐに体を休めるのがいいでしょう。

大雪が積もっており、受験会場に着くまで不安のある方もいると思いますので、
安全に気を付け時間には余裕をもって出発してくださいね。




受験に臨む全国の受験生が、自分の持てる実力を全て発揮できるよう、祈っております。









IMG-5819.jpg



城南コベッツ赤羽南教室
~人間的成長なくして学力の成長なし~

東京都北区赤羽南1-3-7 セキネビル3F
(赤羽駅南改札より徒歩2分)
℡.:03-6903-8030  
Mail
covez_akabaneminami@johnan.co.jp
電話対応時間:㈫~㈮ 15:3020:00 / 14:3019:30