城南コベッツ国分寺教室

Tel:0120-84-0660

  • 〒185-0012 東京都国分寺市本町2-9-12 国分寺オリエント丹野1階
  • JR中央本線/国分寺駅 西武国分寺線/国分寺駅 北口 徒歩3分

受付時間:15:30~20:00/日祝休

  • スタディ・フリープラン
  • 1対2個別指導
  • atama+個別指導
  • 城南予備校オンライン
  • 推薦対策映像講座
  • オンライン個別指導
  • プログラミング
  • ジュニア個別指導
  • 1対1個別指導

2023.02.05

1月28日より、
中3生の最後の特別講座『TANREN~冬の陣~』
を開講しています。

都立入試対策①.png


全5日間の都立高校入試予想問題演習

合計20時間の形式別演習
実施していきます。

都立入試対策②.png

予想問題演習の後は毎回採点した答案成績個票を配布し、
解説講義形式別個別演習を受けて、
次の試験に備えています。

tanren0126.jpg

本日第3回を終え、
点数が順調に伸びている生徒
ケアレスミスが治らず、目標まであと10点足りない生徒
等様々です。

tanren0205.jpg

次週は立川駅前教室にて、
他教室と合同開催です。

-----------

城南コベッツ国分寺教室では、

それぞれの担当生徒が
各教科の目標を個別指導を通じて実現できるよう
講師一同全力を尽くしております。

また、スタディ・フリープランを通して
自分のスケジュールに合わせて効率的に学習を進められるよう環境を整えております。


国分寺第二中学校・小平市立上水中学校・小金井第一中学校・早稲田実業中等部をはじめとする
近隣の様々な中学校や、
小平南高校・早稲田実業高等部などの
多摩地域を中心とする多くの高校から
生徒さんが通っております。

講師全員が各生徒さんについて詳細を把握し、
担当でなくても必要に応じてアドバイスしたり相談に乗ったりすることで、
自分で学習計画を立て、その計画に沿って学習を進め、
教室はもちろんのこと、
ご家庭でも自主的に勉強できるようになる生徒さんが続出しております。

こちらから受講相談を随時受け付けております。
学習内容や学習姿勢など、勉強に関するお悩みや疑問がございましたら、
ぜひご利用下さい。

2023.02.04

【中1,高1の方がすべきこと】

前回は中2、高2、
前々回は中3、高3の方々が春休みまでにすべきことについて書きました。

今回は新しい環境に飛び込んでから1年が経とうとしている
中1,高1の皆さんがすべきことについて書いていきます。


この1年で、自分はどれだけ成長できたと思いますか?

受験はまだまだ先のことだと思っているかもしれません。
そんな時期の方が今のうちにしておくべきことは3つあります。
①次の2年間で達成したい目標を決める
②自分の将来に向けて何をするべきか考えておく

③この1年間の総復習


①次の2年間で達成したい目標を決める
まだ今の学校での生活は折り返しを迎えていないと思いがちですが、
最後の1年は飛ぶように過ぎていきます。
体感時間は半年にも満たないほどです。

自分が将来何をしたいか、そのために何が必要か、
3年生になってから考える時間はほとんどありません。

今のうちに考えておく方が、時間をかけてゆっくり調べられます。
余裕を持って将来設計をしておくべきなのです。




②自分の将来に向けて何をするべきか考えておく
上にも書きましたが、自分が将来何をしたいか時間をかけてゆっくり考えるには今が好機です。
将来の夢を決めかねている方は今から考え始めましょう。

3年生は選択の時期であって、思案の時期ではありません。
3年生になってすぐスタートダッシュが切れるよう、今のうちの準備が重要なのです。
もちろん、早めに目標が定まったら、新年度が始まる前から行動に移しましょう。


③この1年間の総復習
新しい学校に入学してからの1年間で自分が何を達成したか振り返ってみてください。

一新された環境に楽しくなって
勉強が疎かになっているということはありませんでしたか?

自主学習の習慣は定着していますか?

今までの1年間は、基礎を固める期間でした。
次の1年はこれまでに積み上げた基礎を土台に、更に新しい知識を積み上げていく期間です。
つまり、この土台が十分にできていないと、
これからの2年間で学ぶべきことの全てを自分のものにすることはできません。

今まで「ここ苦手かもしれない...」と思いながらそのままにしてきた範囲がある人は、
春休みの期間を使って、土台をしっかり固めておきましょう。




________________________

3回に渡って書きましたが、結局のところ、
どの学年の人にも
・目標を立てる
・総復習
の2つが重要だと言えます。


目標を立て、それに向かって自分がすべきことを明確にし、

足りない部分を補っていくことで、
自分が目指すものに近づくことができる
のです。


何を基準に決めたらいいのか自分では分からないという方は、
ぜひ保護者の方や先生など、周りの人に訊いてみましょう。
欲しい答えが返ってくるとは限りませんが、参考にすることはできます。
それでも決められない、相談した相手と一緒に迷ってしまうという方は
城南コベッツ国分寺教室にご相談ください。
進路指導や学習の習慣付けなどについて必要な助言ができるよう経験を積んだ講師がお力になれます。

______________________

入試でも学年末試験でも言えることですが、
事前の勉強と同じくらい、心理面での準備も重要です。
ということで、
次回のブログは「試験に向けての心構え」について鈴木こころ先生に書いていただきます。
お楽しみに!!


-----------

城南コベッツ国分寺教室では、

それぞれの担当生徒が
各教科の目標を個別指導を通じて実現できるよう
講師一同全力を尽くしております。

また、スタディ・フリープランを通して
自分のスケジュールに合わせて効率的に学習を進められるよう環境を整えております。


国分寺第二中学校・小平市立上水中学校・小金井第一中学校・早稲田実業中等部をはじめとする
近隣の様々な中学校や、
小平南高校・早稲田実業高等部などの
多摩地域を中心とする多くの高校から
生徒さんが通っております。

講師全員が各生徒さんについて詳細を把握し、
担当でなくても必要に応じてアドバイスしたり相談に乗ったりすることで、
自分で学習計画を立て、その計画に沿って学習を進め、
教室はもちろんのこと、
ご家庭でも自主的に勉強できるようになる生徒さんが続出しております。

こちらから受講相談を随時受け付けております。
学習内容や学習姿勢など、勉強に関するお悩みや疑問がございましたら、
ぜひご利用下さい。

2023.02.02

前回は進学を控えた学年の方に向けた内容でした。
それでは、これから受験生になる方々は何を意識してこの1年を過ごせばいいと思いますか?

ということで今回は
いよいよ受験生になろうとしている中2、高2の皆さんに焦点を当てていこうと思います。

【中2,高2の方がすべきこと】

いよいよ受験生になるということで
焦りや不安を感じている方も多いのではないでしょうか。
受験生になる一歩手前の時期から始めておくべきことは2つあります。
①卒業前最後の1年間で達成したい目標を決める
②この2年間の総復習



①卒業前最後の1年間で達成したい目標を決める
今の学校に通えるのは、次の1年が最後です。
この1年を無駄にしてしまうことは非常にもったいないです。

残りの1年で自分が何をすべきか、具体的な目標を立てておかないと、

ただいたずらに時間を浪費することになってしまいます。

志望校を決めかねている人は早めに決定
しておきましょう。
学校調べと受験勉強を長期間両立するのは忙しいですし、
まず志望校を決めかねている状態で受験に向けて見切り発車的に受験勉強を始めるのは、
非常に困難です。



②この2年間の総復習
受験生になってから、今までの学習の復習をする暇は、特に夏休み以降はありません。
その頃には受験勉強を本格化させ、冬に向けての準備を始めている必要があります。
つまり、この春休みは今までの復習ができる最後の長期休みといっても過言ではありません。
GWにもできないことはないのですが、5教科全ての見直しを行うには少し短い休みです。
この春休みこそ、非常に重要な時期なのです。


-----------

城南コベッツ国分寺教室では、

それぞれの担当生徒が
各教科の目標を個別指導を通じて実現できるよう
講師一同全力を尽くしております。

また、スタディ・フリープランを通して
自分のスケジュールに合わせて効率的に学習を進められるよう環境を整えております。


国分寺第二中学校・小平市立上水中学校・小金井第一中学校・早稲田実業中等部をはじめとする
近隣の様々な中学校や、
小平南高校・早稲田実業高等部などの
多摩地域を中心とする多くの高校から
生徒さんが通っております。

講師全員が各生徒さんについて詳細を把握し、
担当でなくても必要に応じてアドバイスしたり相談に乗ったりすることで、
自分で学習計画を立て、その計画に沿って学習を進め、
教室はもちろんのこと、
ご家庭でも自主的に勉強できるようになる生徒さんが続出しております。

こちらから受講相談を随時受け付けております。
学習内容や学習姿勢など、勉強に関するお悩みや疑問がございましたら、
ぜひご利用下さい。

2023.01.30

こんにちは!城南コベッツ国分寺教室です☆彡

ブログリレーもついに20回の大台に乗りました。
記念すべき20回目を担当します、講師の山崎ひなたです。

つい先日年が明けたと思っていたのですが、早くも1月が終わろうとしています。

みなさんはこの1か月で何を成し遂げましたか?
私はずっと気になっていた映画を見る時間をようやく作ることが出来ました。
好きなミュージシャン演ずる主人公が、弱い立場に置かれて死を覚悟しながらも人のために力を尽くす姿に胸を打たれました。



さて、今回は
あと2ヶ月で訪れる新年度に向けての心構えを書こうと思います。

長くなってしまいそうなので、前編・中編・後編の3回に渡ってお届けします!

受験生の方にも、そうでない方にも新年度に向けての準備は必須です。
なぜなら、新年度は今までの行動がある意味で全てリセットされるタイミングだからです。
例えば、「今年度は授業に臨む姿勢が悪くて先生の心象が悪くなってしまったなぁ......」という状況であっても、
年度が変わって先生が変われば、フラットな状態で自分の評価をしてもらうことができます。

ここからは「新年度を迎えるにあたって、春休み終了までにしておくべきこと」について具体的に解説していきます。

【小6,中3の方がすべきこと】

「春休みまでにしておくべきこと」シリーズ1回目は受験期真っ只中にいる皆さんが
受験を終えてから進学するまでにしておくべきことについて解説します。

受験が終わった方もそうでない方も、進学まではまだ少し時間があります。
進路が決まってから入学までの間にすべきことは、3つあります。
①3年間で達成したい目標を決める
②次の1年間で達成したい目標を決める
③この3年間(小6の方は6年間)の総復習


①3年間で達成したい目標を決める
新しい環境に飛び込むとあって、テンションが上がる気持ちはよく分かります。
ですが、ただ遊んでいるだけでは変化した環境を十分に活かすことができません。

進学後の3年間を使って達成したい目標を決めることで、心構えができ、
浮かれすぎない状態で3年間を有意義に使うことができます。



②次の1年間で達成したい目標を決める
数年単位での目標ももちろん重要です。
しかし、長期的な目標だけでは、達成のために何をすればいいか途方に暮れることもありえます。

そこで、①で立てた目標を細分化し、具体的な形にすることで、
自分がすべきことを明確にできます。

もちろん目標は立てるだけでは意味がありません。
目標が定まったら、そこに向けてすぐ行動を始めましょう。



③この3年間(小6の方は6年間)の総復習
当然ですが、進学後の学校は、
今まで学習してきたことは全てできるという前提で授業が進んでいきます。

もし今までの学習でつまずいている部分があったとしても、
自分1人のために授業内容が戻ってくれるわけではありません。

つまり、今までの学習内容が身についていないと
新年度早々授業に置いていかれることになります。

せっかく進学したのに、最初のテストから悪い点を取ってしまうのは残念ですし、
モチベーションも保てません。

苦手な範囲はこの春休みに全て解決しておく
ことをオススメします。



この3つを意識して、
次の3年間を有意義なものにしていきましょう!!

-----------


城南コベッツ国分寺教室では、

それぞれの担当生徒が
各教科の目標を
個別指導を通じて実現できるよう
講師一同全力を尽くしております。

また、
スタディ・フリープランを通して
自分のスケジュールに合わせて効率的に学習を進められるよう環境を整えております。


国分寺第二中学校・小平市立上水中学校・小金井第一中学校・早稲田実業中等部をはじめとする
近隣の様々な中学校や、
小平南高校・早稲田実業高等部などの
多摩地域を中心とする多くの高校から
生徒さんが通っております。

講師全員が各生徒さんについて詳細を把握し、
担当でなくても必要に応じてアドバイスしたり相談に乗ったりすることで、
自分で学習計画を立て、その計画に沿って学習を進め、
教室はもちろんのこと、
ご家庭でも自主的に勉強できるようになる生徒さんが続出しております。


こちらから受講相談を随時受け付けております。
学習内容や学習姿勢など、勉強に関するお悩みや疑問がございましたら、
ぜひご利用下さい。

2023.01.21

こんにちは!!!!!

城南コベッツ国分寺教室です。

菊地陸斗先生からバトンを引き継ぎました、城南コベッツ国分寺教室講師の鈴木康浩(すずきやすひろ)です。

今回でスタッフブログリレーも第19弾になりました。

さて、2023年という新しい年を迎え、もう1か月が終わろうとしています。
学校生活を送る皆さんは新しい年度を迎える準備をしていることだと思います。

前回までのブログリレーでは、受験生に向けたメッセージを送っていましたが、

今回は今、勉強を頑張っている全ての人に向けたメッセージを送ろうと思います。

テーマは、「なぜ勉強するのか」です。

今、必死に勉強をしている皆さんは、何のために勉強をしていますか?


将来のため...。

就職するため...。

お金を稼ぐため
...。


本当にその通りだと思います。


勉強して、高校を受験して、大学を受験して、就職して...、
そして、お金を稼ぐといった感じでしょうか?


将来やりたいこと
自分のなりたい職はあっても、


全員が自分の思った通りの将来を実現することはできず、

とりあえずは、手に職をつけ、お金を稼ぎ、生活することを目標にすると思います。

そのためには、勉強することは切っても切り離せないことだと思います。


では、勉強はお金のためだけにしているのでしょうか?

皆さんは、勉強して自分の見方・考え方が変わったと思うときはありませんか?
『勉強』という言葉だとピンとこないという人は
『学び』という言葉に置き換えてよーく思い返してみてください。


幼い頃は怖いと思っていたトイレも
今ではなんとも思うことがなくなって一人で行くことができるようになっている。

何年か前までは毛嫌いしていた人も
改めて考えてみるとこんないいところがある。

そういった自分の変化に気づくことはありませんか?



人間、みんな生まれたときから、歩き方、走り方、自転車の乗り方などを知っているわけではありません。
自分以外の人が違う考えをもっているということを知っているわけでもありません。

日々の生活を送りながら、人と関わり合いながら、
課題を見つけてはそれを解決するために努力し
また新しい課題を見つけてはそれを解決するために努力してを繰り返し
学びながら成長していくと思います。


では、『学校での学び』はどう生かされるのでしょう?


私は、理科を専門にしているので、理科の話をします。
「『光』は直進する」ことは、小学3年生の時に太陽の観察をして学びます。

そして、中学1年生では光の進む道を学んで実像や虚像を作ります。
その他にも光の反射や屈折を学びます。
この学習が私たちに一体何を教えてくれるのか?
知っただけではよく分かりませんよね。

しかし、よく考えてみてください。
直進するはずの光は、なぜレンズがあると曲がるのでしょうか。
不思議ですよね。


この問題に対する一般的な解答は、『フェルマーの最小時間の定理』で説明できます。
光は周りの環境が変わると、
その環境の中で進む際に、目的とする場所に最も早く到達する最小時間の道を進むという考えです。

「目的とする場所に最も早く到達する最小時間の道を進む」と言われてもピンときませんよね。

では、人間のスケールで考えてみましょう。
皆さんは直進すれば100 m、回り道をすれば300 mでいける学校を目指す場合、
どちらの道を通って学校に行きますか?
忙しい朝を思い浮かべてみてください。

理由がなければ直進する道を選ぶのではないかと思います。
なぜなら速く学校に行けるからです。


では、『光』では、どうでしょうか?
『光』は人間の場合と違い、
媒質が変わると、最短でいける直進距離を無視して曲がり、わざわざ遠回りをしようとします。


なんで?と思う人も多いかもしれません。

例えば、目的とする場所が山の上にあって、山を登らなければたどり着けないといった場合、
直進距離だと道が険しすぎて時間がかかるが、
山の傾斜に合わせてくねくねと回り道をして登って行った方があまり険しくなくて
直進距離で登るよりも少ない時間で目的地までたどり着けるといったとき、
どちらの道を選ぶでしょうか。


体を鍛えようと思わない限り、回り道することを選ぶのではないかと思います。
つまり、このような解釈をすれば、『光』が曲がることが説明できるのではないかと思えてきます。



長くなってしまいましたが、伝えたいことは2つ、


1. 生きる中で生まれる課題を解決するためには『学び』が必要であること
2. 学んだことは解釈次第で生かせるということ

です。

恥ずかしながら、この文章を書く私もまだ20を少し過ぎた年数しか生きていません。
まだ、世の中のほんの少ししか理解することができていないかもしれません。

だからこそ学び続けなければならないと思います。

勉強をしている皆さん、本当にとりあえずやってみてください。

テストの点数だけでは測れない成長があると思います。

全ては、

自分自身の成長のために、自分や世界の構造を知り、
よりよい人生を送ること


これに尽きます。



最後に...


なんのために生まれて何をして生きるのか、
答えられないなんてそんなのは嫌だ

やなせたかしさんの曲の一節にあるように、
この文章を読むみなさんが、自分の生きる目的を見つけられるように学んでいけたらいいなと思います。

-----------

城南コベッツ国分寺教室では、

それぞれの担当生徒が
各教科の目標を
個別指導を通じて実現できるよう
講師一同全力を尽くしております。

また、
スタディ・フリープランを通して
自分のスケジュールに合わせて効率的に学習を進められるよう環境を整えております。


国分寺第二中学校・小平市立上水中学校・小金井第一中学校・早稲田実業中等部をはじめとする
近隣の様々な中学校や、
小平南高校・早稲田実業高等部などの
多摩地域を中心とする多くの高校から
生徒さんが通っております。

講師全員が各生徒さんについて詳細を把握し、
担当でなくても必要に応じてアドバイスしたり相談に乗ったりすることで、
自分で学習計画を立て、その計画に沿って学習を進め、
教室はもちろんのこと、
ご家庭でも自主的に勉強できるようになる生徒さんが続出しております。


こちらから受講相談を随時受け付けております。
学習内容や学習姿勢など、勉強に関するお悩みや疑問がございましたら、
ぜひご利用下さい。