MENU
お問い合わせはお気軽に!11:00〜20:00(日祝休)
0120-737-080
総合案内
デキタス
ホームページ
映像授業
ログイン
お問い合わせはお気軽に!11:00〜20:00(日祝休)
0120-737-080
総合
案内

大島教室

Tel:03-5875-2422

  • 〒136-0072 東京都江東区大島5-34-11 山田ビル2F
  • 都営新宿線/大島駅 徒歩0分(A3出口すぐ)

受付時間:16:00~20:00/日祝休、14:00~20:00/土

  • 1対2個別指導
  • ジュニア個別指導
  • 1対1個別指導
  • オンライン個別指導
  • 大学受験映像授業

2021.05.12

当教室では在籍生徒が無料で参加できる「理社コース」をご用意しています。


保護者様はご家庭で以下のようなことを感じたことはありませんか?

「うちの子に合わせてくれる個別指導塾が良いと思うけど、5教科すべて受けると予算オーバーになってしまう・・・」

「定期テストのときに提出するワークの宿題範囲を解くだけでテスト勉強したつもりになっているようだけど、本当は教科書のなかからワークの問題の答えを探して解答欄を埋めるだけの「作業」をしているみたい。これだと学力はあまり上がらないのでは・・・?」

「提出課題のワークは全問正解なのにテスト結果は平均点マイナス30点・・・。どうやら解答を丸写しして提出しているみたい。通知表が3だけど学力はそれより全然低いかも・・・」

・「定期テストで平均点、通知表でも3取れているから偏差値50の高校に行けると思って受けた学校の実力テスト模試では「標準」の値(いわゆる都内公立中学偏差値)が40・・・。どうして?」

・「中3の社会の授業では公民が始まると思っていたら9月になってもまだ始まらない・・・。公民の教科書は分厚いのにこれで高校受験に間に合うの?」
(当教室近隣の区立中学校の数校でこの問題があります)

・「部活が週5日あっていつも疲れているのに学校の成績は平均点以上を取れている。でも部活の無い日はいつも遊んでばかり。これでも本当に受験は大丈夫かしら・・・。」

こういったご相談を保護者様から多く伺います。
当教室ではこのようなお悩みの解決策の一つとして、またその予防として理社コースを始めました。
もちろんこのコースだけで解決できるほど問題は簡単ではありません。更に具体的な解決策はお子様やご家族の生活スタイルを伺ったうえで当教室以外のサービスの利用も含めた総合的なご提案させていただいています。


在籍生徒であれば参加歓迎です!

理社コース概要は以下の通りとなります。

実施形式 ・講師が巡回して質問対応やワンポイントアドバイスを行います。
・生徒がその日にやる予定の学習内容を聞いて、学校の進度や宿題の準備状況を大まかに把握します。
対象者 当教室在籍中の小学4年生~中学3年生(主に区立小中学校生)
参加資格 当コース主旨にご賛同頂ける保護者様および生徒さん
※ご参加になる前にコース主旨をご説明させて頂く必要があります(安易な遅刻・欠席・早退を防止するため)。
教科 理科、社会
※扱う内容は検定教科書限定となります。
※定期テスト直前2回は9教科すべてに対応しています
実施日時 毎週土曜日17時10分~20時(年間で数回のお休みがあります)
※保護者様からの事前のお申し出による遅刻・欠席・早退は可能です。
使用教材 以下のいずれか
※内申点対策と基礎学習のために①を最優先に使ってもらいます。それから②や③を使ってもらいます。

①検定教科書・副教材(ワーク)・プリント
②塾指定教材
③その他生徒持ち込み教材(教科書範囲内のもの)


何か気になることがありましたらお気軽にご連絡下さい。

城南コベッツ大島教室
Tel:03-5875-2422、またはこちらからも承っております。

2021.05.11

コロナ禍が続いて1年が経ち、一般国民へのワクチン接種まではもう少し時間が必要な様子です。

当教室での新型コロナウィルスならびに感染症対策については下記のように行っております。

・教室内でのマスク常用
・教室および入室経路全体の常時換気
・アルコール除菌液(常設)または手洗いの必須
・洗面台にペーパータオルを常設
・生徒や講師や近親者に感染者や濃厚接触者がいる場合の柔軟な対応


ZOOMを使用したオンライン授業による個別指導の実施もご希望によって実施可能ですが、なるべく授業のクオリティを保つために「講師数:生徒数」は1:1となります。1:2は承っておりません。

オンライン授業においては講師が生徒の状況が迅速につかみにくい(聞いたことのメモを取っているか、問題を解いている時に手が止まっていないか、途中式は省略していないか、など)ことや、画面越しのコミュニケーションのためにお互いの反応を把握しにくいことがあるため通常の対面形式の授業と比較すると授業進度が遅くなりやすくなります。
ご希望の場合にはこの点を予めご了承下さい。

また、新規ご入学時にオンライン授業をご希望の場合には、生徒さんの状況に合う教材を試行錯誤した上で選定することもあるため、授業進度が軌道に乗るまで何度か教材サンプルを送らせていただき、お子様へそれを渡して頂くお手間を頂くことがあるかと存じます。この点も併せてご了承ください。

2021.05.11

1.小学校との違い
中学生になってほとんどの人が感じることは「小学校の時のテストと違う!」ということです。
テスト範囲が広いため、「ここ数日の内容を覚えていれば点が取れる」小学校のテストとはまっ
たく違います。また内容も、基本的なことがわかっていれば点が取れるものだったものが、きち
んと理解していないと点が取れないものに変わります。そのため「小学校の頃は 80 点未満の点
なんて取ったことがなかった」という人でも中学校では「60 点台を取るのがやっと」というこ
ともよくあります。もし「小学校の感覚でテストに臨んだ結果、残念な結果になってしまった」
という場合、9 月からは何としてもそれを改めなければいけません。


2.夏休み前についたちょっとした「差」が重要
学習は「前に学んだ内容に積み上げていく」形で進みます。つまり、これまでの内容が不完全
だと・・・

① 9 月以降の内容はついていくことが難しくなって、
⇒② さらに成績を落とし、
⇒③ 年明けには完全についていけなくなり、
⇒④ やる気すら失ってしまう。

そんな恐ろしい
ことが当たり前のように起こります。小学校のころまでは同じくらいの学力だった A くんと Bくんを例にしてみましょう。取り組み次第で1年後にはまったく違った状況になります。

    A くん     B くん
最初の定期テスト前 「テストに向けてしっかり勉強するぞ! 」 「小学校の頃は何もしなくても80 点取れたし大丈夫! 」
夏休み直前 「いい成績が取れた!夏休みも忘れないように復習だ! 」 「中学のテストって難しいな。復習したいけど夏も部活が... 」
1年生終了時 「なんだか自信がついてきたぞ!難関校目指して頑張ろう 」 「最近授業の内容自体理解ができなくなってきた・・・ 」

上の例は決して大袈裟な話ではなく、本当にこれが「典型例」です。

B くんは、もちろん 1 学期のテストからしっかりやるべきだったのですが、1年生の最初のテストで「思っていたよりも難しかった」というのは起きてしまいがちなことではあります。良くないのは、そのような中学生活のスタートをしたにもかかわらず、夏休みを使って「取り戻し」をしなかったことです。ここで挽回しておけば、A くんのようになることは充分に可能だったはずです。ちなみに、中1 の成績が悪くて高校受験で成功する例はほとんどありません。


3.英語と数学の遅れは絶対に作らない!

英語は、本格的に始まったのが中学からということもあり、まだまだ学力差は大きくなく、みんなが近いレベルで固まっています(マラソンならスタートから3km くらいのイメージ)。しかし主要科目ゆえにこれからの負担は大きく、一気に差がつき始めます。少しでも後れを取るとあっという間に突き放され、先に行った人が見えなくなります。そして、「ここまではわかっている」前提で授業が進むため、学習の理解が疎かになっていると完全に置いて行かれます。さらに英語は高校生になった後も大学受験に向けて最重要教科であることを考えると、少しも妥協できません。今の段階で「ちょっと苦手かな~。嫌いかな~」と思った場合、その苦手意識は必ず夏に解消しましょう!!
数学は、小学校の算数から続く教科のため、中学 1 年生の段階ですでに差がついています。中学からは進みの速さも小学校の比ではなく、苦手とする人も多い科目ということも相俟って、得点差が生まれやすい教科の筆頭です。加えて数学の学力は理科の成績にも影響しますし、先々の話でいえば、大学受験では「文系選択でも数学必須」という時代になっていくことが予想されており、「数学はだましだましで乗り切ろう」では立ち行かなくなる恐れがあります。これまでの学習に不安がある人はその不安を完全に解消すること。そして小学校の範囲が不完全な場合はその復習もする必要があります。中 1 の夏にこれができないと、中 2 の夏休みまでが非常に苦しくなります・・・。


4.まとめ
まだまだ高校受験を意識して勉強しなさいと言われても難しい時期かもしれません。しかし中 3 でどういう学力になっているかはこの時期にかかっています。それは間違いありません。
毎日着実に学習する人と、後になって一気にまとめて学習する人とでは、総学習時間が同じでも前者の方が確固たる学力を築けます。タイトルにあります「差がつき始める最初の時期に『差をつける側』になる」これを意識して有意義な夏休みを過ごしましょう!!



ワンポイントアドバイス
部活動も忙しいし、夏休みだから遊びも楽しみたいけれど、それをしながらも学習時間を確保できる人と、そうした時間をだらだらと過ごしてしまう人の差が半年後、1 年後の学力差になり、高校受験の結果につながっていくんだ。

がんばろう!!

2021.05.10

大島教室では講師が生徒の隣で授業を行う個別指導授業のほかにも以下の取り組みを実施して公立中学生は9教科フォローを受けて成績アップしています。

・理社コース(参加無料、毎週実施、各3時間ほど、公立小中学校の理科・社会対応、対象:公立小4~中3)
・定期テスト対策勉強会(参加無料、定期テスト直前2回、各3時間ほど、9教科対応)
・オンライン映像授業(端末貸出無料、別途実費にて外部コンテンツサービスを利用、小中高の5教科対応)
・充実した自習環境(利用料無料、静寂性の高い教室と広くて独立した座席、教室の教材やコピー機の利用も可能)
・定期面談や随時面談(無料、2者・3者・4者面談などを必要に応じて実施)
・授業空席の有効利用(空席ができたときには自習席利用中の生徒が無料で入れて「講師が隣にいていつでも質問できる贅沢な自習時間」か、個別指導授業が無料で1コマ受けられます。)

高校生や小学生も個別指導授業のほかにもいろいろな無料サービスとともに総合的なフォローを受けて成績アップを実現しています。

生徒さんの限られた時間をどのようなバランス配分で学習に割り当てるのが良いのか、お子様のやる気を引き出すための方策やご予算に合わせた効果的なプランのご提案など、お子様一人一人の状況に合わせたアドバイスを無料でさせて頂きますのでお気軽に教室までご相談ください。


お問い合わせはお電話(03-5875-2422)、またはこちらからも承っております

2021.05.10

7月~8月の2ヶ月の間に夏期講習を実施いたします。

当塾の講習とは、普段の授業に追加して講習授業をお申込み頂く形となっており、講習授業の追加は任意となりますのでご安心ください。

普段受講したほうが良い教科は何かや、どの教科をどれだけ追加すればよいかなど、いろいろと迷うことがあるかもしれません。

このようなことについてのご相談をご面談やお電話にて承っております。


お問い合わせはお電話(03-5875-2422)、またはこちらからも承っております。