MENU
お問い合わせはお気軽に!11:00〜20:00(日祝休)
0120-737-080
総合案内
デキタス
ホームページ
映像授業
ログイン
お問い合わせはお気軽に!11:00〜20:00(日祝休)
0120-737-080
総合
案内

大島教室

Tel:03-5875-2422

  • 〒136-0072 東京都江東区大島5-34-11 山田ビル2F
  • 都営新宿線/大島駅 徒歩0分(A3出口すぐ)

受付時間:16:00~20:00/日祝休、14:00~20:00/土

  • 1対2個別指導
  • ジュニア個別指導
  • 1対1個別指導
  • オンライン個別指導
  • 大学受験映像授業

大島教室のメッセージ

中3向け:勝負の夏 入試対策をまとめて進める最後のチャンス

2021.05.08

1.入試の結果を決める最大の勝負どころ
中 3 の夏は、高校入試に向けた最大の勝負どころです。中学入学からここまでの復習を一気に行う機会はこの後には、もうありません。9 月からは再び学校で新しい内容を教わりますから、日々の復習に追われつつ定期テスト対策と入試対策を進めなければならず、「入試対策」としてじっくり時間を取ることは難しくなります。そして冬休みは期間が短く、やれることは限定されます。また直前期ゆえに「過去問演習」を行うなど、復習に十分な時間を割くことはできません。
夏は、絶対に無駄にできない貴重な時間なのです。夏の過ごし方でどのような違いが出るか、以下の例で見てみましょう。

     A くん    B くん  
夏休みの過ごし方 「ここが勝負どころだ。遊びたい気持ちを抑えて頑張るぞ。志望校に絶対合格するんだ! 」 「まあまだ時間はあるしマイペースでいこう。1 日 2 時間も勉強してるし大丈夫だろう」
9月の模擬試験が返ってきて・・・ 「あっ!成績上がって志望校の合否判定も良くなった!夏に頑張った甲斐があったなあ」 「あ、あれ...。夏休みは毎日 2時間勉強していたのに、偏差値下がっちゃったぞ。なぜ?」
3年生 冬休み 「2学期の成績、模試成績もいいし、過去問演習も充分にやっている。絶対合格するぞ! 」 「模試の結果も過去問演習でも志望校の合格が見えない...。復習?ぜんぜん手が回ってないよ」


上の例で B 君は勉強をしていないわけではありません。毎日 2 時間の学習をしていたのにもかかわらず、なぜ偏差値が下がってしまったのでしょう?答えは簡単です。それは「周りの受験生の学力がもっと上がったから」です。偏差値は「全体の平均からどのくらい差をつけているか/差をつけられているか」の指標で、平均点で偏差値 50 となります。つまり、いつも通りの勉強をしていても、周りが一気に学習に本腰を入れると自分の学力向上よりも平均点の上がり方が上回り、偏差値は下がってしまうのです。この夏は、是非 A くんのようになりましょう!!

2.とにかく問題演習を
これまでの総復習をするにあたり、やってしまいがちなことが「参考書の見直し」です。参考書の見直し、すなわち「知識の確認」は大切なことではありますが、それで確認して満足してはいけません。「知識があれば大丈夫」という発想は「野球のルールや戦術を知っていれば試合で上手にプレーできる」と言っているのと同じです。実際にはルールや戦術を知っているだけではプレーはできません。上手にプレーできるようにするには実際に練習をするしかありません。勉強も全く同じで、知識を得たら問題演習をしなければいけません。それで「あれ?なんでこんなミスしちゃったんだろう」「こんなことわかっていたのに、なんで間違えちゃったんだろう」「こんな意地悪な出題のしかたもあるのか。次は気を付けないと」というように、知識だけ身に付けてもうまくいかないという経験を積んでいく必要があります。
参考書やノートを見て勉強する人はとても多いです(赤い下敷きで勉強する人など)。しかしこの学習では「経験」が積めませんから、時間をかけている割に成績が伸びません。同じくらい勉強しているはずなのに成績の伸びに差が出るのは、問題演習をどのくらいしているかということが大きくかかわります。忘れていること、理解できていないことを確認しつつ、問題演習で経験を積む。そんな良い学習をしていきましょう。



3.高校選び
受験学年になりました。すでに志望校が決まっている人もいれば、まだ絞り切れていない人もいるかと思います。以下は、高校受験における「志望校選びで最も重視するポイント」の結果です。参考にしてみてください。(「study 高校受験首都圏版」によるアンケート:2020 年より)

高校選びで最も重視するポイント.jpg












ワンポイントアドバイス
勉強時間を増やすということは、勉強よりも楽なこと、楽しいことの時間を削るということです。志望校合格そして楽しい高校生活を手に入れるために、この夏いかに自分に厳しくできるかが問われます。マラソンで例えると、自分よりも前のランナーに追いつきたければ、自分はその人よりも早く走り続けなければ永遠に追いつきません。

目標レベルに達したければ、そのレベルの人よりも多くて高密度な学習時間をかけなければいけません。がんばろう!!