MENU
お問い合わせはお気軽に!11:00〜20:00(日祝休)
0120-737-080
総合案内
デキタス
ホームページ
映像授業
ログイン
お問い合わせはお気軽に!11:00〜20:00(日祝休)
0120-737-080
総合
案内

大島教室

Tel:03-5875-2422

  • 〒136-0072 東京都江東区大島5-34-11 山田ビル2F
  • 都営新宿線/大島駅 徒歩0分(A3出口すぐ)

受付時間:16:00~20:00/日祝休、14:00~20:00/土

  • 1対2個別指導
  • ジュニア個別指導
  • 1対1個別指導
  • オンライン個別指導
  • 大学受験映像授業

大島教室のメッセージ

塾がどこまで学力アップへ寄与できるのか(とある中3生徒の事例)

2021.07.30

成績アップの実績紹介をすると言いながらずっとサボってしまっていましたが、特に目立つ事例があったのでご紹介します。


近隣公立中学校の夏休み前に通知表の仮内申が言い渡された生徒にどうだったかたずねたところ、1教科のぞいて他の教科はすべて5に上がっていました。

この生徒さんは中1の前期から2年間通っているのですが、もともと勉強は嫌いではなかったのでそんなに意外ではないのですが、それでも中学最初の通知表から9教科合計で12も上がったの喜びとともに驚きました。

1年前期から毎学期の通知表で着実に上げ続けてきていたので素晴らしい努力の結果だと思います。

このブログを読んでくださっている方の中には本人や塾がどのようなことをしてきたのかが気になる方もいらっしゃるかもしれませんが、特に変わったことはしていません。

受講している教科は英数国の3教科で、理科と社会は理社コース勉強会に参加していました。季節講習はほとんど受講していませんでしたが、3年生になって気になる教科を少しだけ申し込まれました。

塾がやっていたことは、5教科は本人の学力に合った教材を選定してそれに合わせた指導をしただけです。たまに面談で礼儀について説教をしたことはありますが・・・笑

実技教科については本来は当教室の得意領域ではありませんが可能な範囲内でのサポートはしていただけなのでさほど大きな役割ではなかったと考えています。

ですので本人の努力が何よりも大きかったと考えています。

「努力を継続」し続けるのは一番重要なポイントだったと思いますが、努力することに慣れていないお子さんはここが一番の関門になります。

塾の役割として他にやっていたことは、努力をできない生徒には「その気持ちは理解できるがそれでは何も進められない」というスタンスで気持ちに働きかけをして気持ちに寄り添っているつもりです。そのためにはたまには厳しいことも言わなくてはいけないこともあります。


また何かご紹介できる話があったら掲載します。